« ケータイ定額制と消費行動 | トップページ | ネット力とリアルパワー »

2004.03.19

blogと報道品質

以前から興味深く呼んでいるNikkeiNet BizPlusでの木村剛氏のコラムで、今回Blogがテーマとして取り上げられた。氏がBlogにはまっている様子が良く伺える。
 このコラムの中で、氏は「売れているものが良いものである」と述べられている。これは、報道に関して言えば「受け手の情報リテラシーが十分であれば」の条件付のことであると考える。

 良識に期待するのは間違っているとは思わないが、期待できるだけの良識を自分が備えているかは正直あまり自信がない。うっかりすると佐賀銀行で起きたメールを元にする取り付け騒ぎのようなことがおきてしまう。

 Blogを報道とするならば、相互に切磋琢磨して信用される情報発信者(トラックバックの数?)として自らを鍛えていくような雰囲気にしていかないと「悪化が良貨を駆逐する」ということになってしまい、せっかくのムーブメントがだめになってしまうことになる。

 あまりえらそうな事を言える立場ではないけどね。

 さて、もうひとつBlogネタを。

 今度OCNもblogサービスをはじめるそうだが、この中で「日本沈没地図」というサービスが興味深い。blogの地域ネタをわかりやすく表示し、地域情報の充実(地域報道と言ってよいか?)につなげていこう、という試みである。地域性と動的に動くblogがうまくリンクすれば面白いだろう。

 あとは、ケータイとblogがリンクしたときに大ブレークが起きるのかも知れない・・
 blogにはまる人が多いというのは、メールとWebページのように砂漠に石を投げるような感覚ではなく、「つながった(相互リンク)」ことがすぐにわかる「トラックバック」という方法によることが多いだろうから。だとすれば、メールがプッシュで送られてくるケータイメールのように「トラックバックしたよ~」という形ですぐにプッシュで来たら・・

 どうなるんでしょ?

2004 03 19 [ウェブログ・ココログ関連] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: blogと報道品質:

コメント