« 銚子のとんかつ屋 | トップページ | ケータイ定額制と消費行動 »

2004.03.16

ネット上でのコミュニケーション

 かつて、ネット上でのBBSが「パソコン通信」と言われ、各ホスト毎にアカウントを取り、それぞれのBBSへダイアルアップでつないでいた時代がありました。そして、各ホスト局毎のポリシーとして「実名制」「ハンドル制」という形で個性がありました。

 さて、今を去ること1991年、私はNHKのラジオ番組が主催していた「銀河通信」というBBSに参加していました。ここは「コミュニケーションネット」を主題とし、「実名制」を特徴としていたのです。

 私は、その中である程度アクティブに動いているうちに、モデレータの一人としてボランティア的に参加することになりました。

 で、「実名がオープンだったらそれほど荒れないか?」ということは決してなく、当時から「荒らし」「トラブル」は普通にありました。逆に、そういうことがあったからこそ当時から「ネチケット」(これは死語になってしまってますが)ということが色々といわれていたのです。

 正直、今のネット掲示板での各種トラブルはほとんど経験済みです。これは私に限った話ではなく、10年以上の古株であればたいていの人は同様の意見を出すでしょう。

 だからといって、ネット上でのコミュニケーションに絶望したことはありません。「ネットも実社会も同じ」「直接顔が見えない分、表現に気を配りましょう」という経験を得て、これがさらに広がったらよいな、という希望を持っていました。

 今でも、コミュニケーションの発展については楽観的に考えています。もちろん、トラブルも現実世界と同じくらいあるでしょうが、楽しいこともよりたくさんあるでしょうから。

2004 03 16 [ウェブログ・ココログ関連] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ネット上でのコミュニケーション:

» 実名/匿名とBlogの可能性 from 日常/非日常Blog
週刊!木村剛: blogの未来は参加者が 続きを読む

受信: Mar 17, 2004, 12:35:47 AM

» BBSとブログの違い from ネットde監視、地方議会
木村剛さんのゴーログを読み、skywolfさんのfareasterのトラックバッ 続きを読む

受信: Mar 18, 2004, 6:41:51 PM

コメント