« 小便器の上のモニターは何を映し出すか | トップページ | ケータイの次にくるもの »

2004.04.17

一億総オークション

東京都がヤフーと提携して、税金のかたとして差し押さえた物品をネットオークションで競売にかける、というニュースがでました。過去、このての競売はいくつかありましたが、ネットオークションを使うことでより確実(?)に現金化できる可能性があると思います。

で、このオークションはヤフーオークションに直接出品をするわけではなく、システム構築の協力を仰いで独自のオークションにする、というそうですがなんか無駄な気がします。あらかじめ一割をクレジットカードで保証金を積むことで入札できる、というのも事大主義、という感じですし。

そのまま「出品者:東京都」で、説明に「山下清のリトグラフ(本物)」とか出した方が話題になるし面白いと思うのですけどねぇ・・さらにいうと、各種の安価な品物の現金化や、逆オークション(各種購入物の入札)をオープンで行うことで、透明性を上げることと参加者の範囲を広げることもできると思うのですが・・

なんでも独自で行うところが今の「役所」のコスト意識のなさを表しているように思えます。

ま、独自でやるならば、逆に高級美術品専門オークションとして、出品者を募って手数料をかせぐくらいはして欲しいものです(インチキすれば古物商の許可取り消しとか、出品者自体を審査済みの人、とかのプレッシャーをかければ(これは都知事の認可事項)、「警視庁本物保証済み!」とかで面白い市場ができるように思うのですけどねぇ・・

ヤフオクでの偽物のはびこり方を見ると、本物を良心的に売ろうとする人を育てる場、というのがあっても良さそうなきがするのですが。
(ただ、審査料とかいって役人がまたでかい態度するようになるのが落ちだろうけど)

2004 04 17 [経済・政治・国際] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 一億総オークション:

» ネットオークションで公売? from たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
 このWeblogを見ているみなさんの中にも、ネットオークションを使ったことのあ 続きを読む

受信: Apr 17, 2004, 11:49:46 PM

コメント