« 今週のニュース雑感 | トップページ | 年金はなんでこんなにわかりにくいのか? »

2004.05.18

マスコミは官庁批判はできないのか?

木村氏のゴーログ、いよいよ年金問題に切り込み始めたようです。また、マスコミでも、たとえばasahi.comに年金問題に関するコラムが載ったりもして、多少動きが変わってきたのか、とも思っています。

とはいえ、坂口厚生労働大臣が年金保険料未納の情報漏れを追求する構えを示したことから、システムを直す方向ならよいですがスパイ狩りをする方向に向かってしまうと厚生労働省の勝ちになってしまうのでしょう。

こういう流れで見ると、マスコミの論調もなんか操作されているなぁ、というイメージを抱かざるを得ません。そういえば、小泉首相はどちらかといえば厚生族だったよな、ということを思い出したりもします。郵政民営化とあわせて、年金資金の使い方にもメスが入るべきなのでしょうが、ここにはなかなか切り込めていないようです。

無駄遣いや運用の失敗、コストの増大と言ったところに切り込み、業務改善に努めるようにもって行くべきなのでしょうが、運用側にインセンティブが働いていないため、今のままでよし、となっているのではないでしょうか。また、報道側としても、これでは部数が伸びていきません。

ネガティブなやり方は好きではないのですが、役所を動かすには理想を追うよりも罰する方向を使うしかないのかな、と思わざるをえなく、報道側も水に落ちた犬をたたくのが得意ときている。これでは建設的な発想は生まれてきそうにはありません。

非難ではなく、批判(それも冷静な根拠をもった)はなかなか難しいですが、うまく利用しながら付き合っていくしかないのかな、と感じています。

2004 05 18 [経済・政治・国際] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミは官庁批判はできないのか?:

» ブログはメディアになれるか? from 週刊!木村剛
 皆さん、こんにちは。木村剛です。私が厚生労働省に対して、生データの公開を要求し 続きを読む

受信: May 26, 2004, 9:22:43 AM

コメント