« 監査役と審判と | トップページ | 金融リスク商品はどこまで根付くか »

2004.06.17

ついに生データ開示

週刊!木村 剛において、ついにデータ公開がされる、と発表されました。喜ばしいことです。コストは9万9820円。投資金額として安いか高いかは、中身次第でしょうね。

さて、公開情報というと「政治資金収支報告書及び政党交付金使途等報告書」を思い出しました。ネットで公開するだけましなのですが、イメージファイルに近いためデジタルデータとしては”使えません”。今回の資料は端から紙ですので、フォーマットがどのようになっているか興味深いですね。

さて、すでにMcDMaster's Weblogでオープンプロジェクトの立ち上げが表明されています。私も、

「単純な打ち込みの分担」(フォーマット決定が先かもしれませんが)、入力されたデータの解析程度ならば、ある程度お手伝いが出来ると思っています。

せっかくの生データ、これを利用しない手はありませんね。

2004 06 17 [年金] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ついに生データ開示:

» 【年金問題】オープン・プロジェクトを立ち上げてみましょうか from McDMaster's Weblog
http://kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/blog/2004/06/post_12.html 厚生労働省から、5000... 続きを読む

受信: Jun 17, 2004, 9:31:11 PM

» 珠丸大躍進! fareasterとHiroetteもランクアップ。果たして第1位は?[TrackBack Ranking] from 週刊!木村剛
 皆さん、こんにちは。木村剛です。毎週日曜日は「トラックバックランキング」を公表 続きを読む

受信: Jun 20, 2004, 10:36:30 AM

» 「公的年金タスクフォース」発足! from 週刊!木村剛
続きを読む

受信: Jun 21, 2004, 9:45:09 AM

» カンパ資金の振込先が開設されました! from ミズタマのチチ
公的年金タスクフォースのカンパ資金を受け付ける、振込先が開設されましたので、お知らせいたします。 この活動を、カンパの形でご支援してくださる方は、 こち... 続きを読む

受信: Jun 25, 2004, 11:17:48 PM

コメント