« 安全はどこまで求めていくものか | トップページ | 今週のニュース(5/31~6/6) »

2004.06.05

ささやかなれど勇気あるものは勇者である

最初に知ったのはやじうまWatchの記事でした。そのときは、軽く流しただけできっちりとは呼んでいませんでした。その後、色々なBlogで取り上げられるようになり、改めて読んでみました。

すばらしいです!!

こころやさしいけれどちと気弱な独身男がたまたまちょっとした勇気を出して行った行為、そして彼がたまたま2ちゃんねるの住民であったことが今後の発展につながっていき、そして・・。まさに感動巨編でした。

さて、日常・非日常Blogでも書かれていますが、これって、どこか観たような話、という印象も持っています。私は、たとえばドラゴンクエスト(でもなんでもいいけど)のようなRPGを想像しました。一人の少年が突然勇者になり、周りの人に応援され、期待され、挫折しそうになり、そいて最後に・・という流れです。
 野尻抱介 「ロケットガール」では、逃げようとする主人公に、本当は自分がロケットに乗りたいが病気で乗れないことがわかった開発者が「お前は俺たちみんなの希望なんだ」と語ります。

そして、この「電車男」の”物語”では、主人公は勇気の代償を手に入れ、応援した参加者たちも希望という宝物を手に入れたと思います。


ささやかなれど、「電車男」氏は勇者でした。そして、小さな勇気が自分を変えられる、という結果も見せてもらった、と思います(自分も頑張らねば・・)

2004/11/1追記 電車男が本になったそうで。中身は既に知っていますが、どういう体裁やら

2004 06 05 [ウェブログ・ココログ関連] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ささやかなれど勇気あるものは勇者である:

» 電車男と夫婦の会話 from くりおね あくえりあむ
もはやネット界隈では“常識”に近づきつつある勢いで広まっている「電車男」ストーリ 続きを読む

受信: Jun 5, 2004, 5:15:08 PM

» 電車男にハマる from VINCO VOICE
電車男ストーリー、第1話を読んでハマる俺。 続きを読む

受信: Jun 5, 2004, 7:49:45 PM

» 電車男に泣いてしまった。 from TreeRipeBlog
泣いてしまいました。 続きを読む

受信: Jun 7, 2004, 2:48:51 PM

コメント