« 「報道」と「解説」と | トップページ | 今週のニュース(8/8~8/14) »

2004.08.14

スポーツ選手と金

今高校野球の全国大会をやっていますが、近年のスポーツからすると凄く違和感を感じてしまいます。まるで戦前の記録映画をみるかのような状況が変わっていないことに。

「ユニフォームは白のみ」、「プロとの接触不可」・・・

やはり今メジャーになったサッカーと比べると時代の変化に対応できていない状況が良くわかります。

たとえば、サッカーの場合は学生がそのままプロチームに入ることは可能です(学生がバイトをしていけない、という「法的根拠」はないですね)。野球だって、松坂大輔が高校時代に横浜ベイスターズと契約して土日だけ投げる、なんてことがあったってよかったわけです。(アメリカでもこんなことないですけどね)

過去において、プロ野球が人気絶頂の時代に札びらで頬をたたくようなことがあったのは事実でしょう。そして規制が行われました。ただ、そこには「野球全体をどうするか」という視点は無かったと思います。今、日本のプロ野球はずっとマーケットが縮小しています。そうなると、底支えするアマチュアの野球も人気がおち、いい選手がこなくなる、といわゆるデフレスパイラルに陥いってしまうでしょう。

であれば、必要なのは高野連を代表とするアマチュア側の組織改革が必要でしょう。商業主義は受け入れる。ただし、競争は公正になるように規則は厳正に運用する、というように。

今、オリンピックが開催されています。各国のユニフォームは当然のように色々なスポーツメーカーが契約しているわけですが、そのロゴが前面にでているか、というとそれは控えめになっていると思います。高校野球だって、「人気がある今のうちならば」ロゴは控えめにしろ、などの条件が出せるはずなのですよね。

選手だってそうです。学生のうちは一切金に関することを教育しないで、プロになった瞬間から「個人事業主だから全部自分で面倒見なさい」では教育の放棄ではないか、とすら思えてしまいます。

高校野球は、全部が全部プロを目指すわけでは無いでしょうが、高野連や学生野球連盟が組織としてマネージメントと教育ができるような形にしていかなければ、選手にとっても野球界全体にとっても不幸になると思います。
(どんな分野でも、プロとして就職しようとする選手に、できる限りのバックアップ(教育)をして送り出すのが教育者の役割ではないのですか?)

2004 08 14 [スポーツ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ選手と金:

コメント