« 歴史に残ってしまうことをする読売って・・ | トップページ | ローカルな選挙と世界への影響 »

2004.09.30

Blogはどこまでニュースを提供できるか

 週刊! 木村 剛において、ついに「ブロガー新聞」が動き出すそうです。編集スタッフも強力な布陣、なかなかの内容が期待できます。

 さて、ではトラックバックするBlogはどこまで価値のある内容を提供できるか。私のような駄文と違い、皆さんセンスの良い文章を書かれていると思います。で、私自身が書いてきたものを振り返ると、どうしても事象に対する感想を基にしたミニコラムが多くあるのですね。一次情報、というのはほとんどありません。

 まあ、取材をして集めるほどのことをしていないため当然といえば当然なのですが、もう少し地に足の着いた内容を増やせたらな、と思っています。地域情報で紹介したい内容があればできるだけ書くようにはしているのですけどね。

 あと、技術系の情報も出来る限り入れたいと思っています。それも、芽を出す前の種の段階で。今色々と世界を変えようとしている技術も、元をたどれば20年くらい前に始まった技術が多くあります。たとえばDVD、これに使われているMPEG2という圧縮技術は、最初は15年以上前にデジタルTVとか言われているころから紹介されていました。
また、バイオ技術も基礎は30年以上前のものです。宇宙技術にいたっては、基礎部分は60年前に出来ていました。
 今後注目されるものとして想像するのは、認知科学、これを応用して作られる人の相手をするロボット、法理論シミュレータ、意味認識による検索、運動制御技術、機械同士の相互接続による省エネ、・・・などを思っています。ぜんぜん外れるかもしれませんし、見落としも沢山あるでしょう。ただ、自分を鍛えるためにも探すことを忘れないようにしたいと思っています。

2004 09 30 [ウェブログ・ココログ関連] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Blogはどこまでニュースを提供できるか:

コメント