« 文化と萌えとオタク市場 | トップページ | 道の駅と町おこし »

2004.09.17

プロ野球スト決行

バファローズとブルーウェーブの合併に伴いチームが減ることに対して選手会が反対しストを構えたことに対し、オーナー側との話し合いが決裂して明日、あさっての試合がストにより中止となりました。

来年からの新規参入について出来ない、と言われたことが直接の要因のようです。これについては、選手会側からは以下のような懸念があったためと思われます。

1.現在赤字チームが多数(セントラルのジャイアンツ、タイガース、カープの3チーム以外全部赤字)のため、今回の合併を契機としてさらにチームが減少する恐れがある。

2.赤字チームが多いが、黒字化の要素がたたない。

今(22:20)、NHKで古田選手会長のインタビューを聞く限り、上記2点(2番目は直接は言っていない)が大きな問題だと思います。

さて、今日の日経産業新聞の1面は、広島カープの経営努力がどのようなものか、ということでした。プロ野球というと、親会社があって赤字があっても補填されて、とよく言われますが、広島カープは唯一の独立採算球団です。自動車会社のマツダは、大株主ではあっても役員派遣とか費用援助とかは特別行っていません。

このようなバックグラウンドがあるため、バファローズとブルーウェーブの合併についてもカープ代表は棄権に回りました。

もちろん、カープの経営には広島市、地元財界の有形、無形のバックアップがあります(本拠地の広島市民球場は広島市の所有物ですが、カープの利用料金はプロが使う料金とは思えないほどの低額だったり、球場の看板や売店の収入がカープに入るようになっています)。

ただ、これは収入が保証されているわけではありませんから広告収入なり、放映権収入なりを稼ぐために努力をしています。上記紙面では、カープ選手がオフに地元TVの情報番組にギャラなしで出ている、とありました。放映権料を払ってもらっているTV局へのサービスであり、放映権料を維持するための営業努力だそうです。これは、私も初めて知りました。

ブルーウェーブやバファローズの経営陣もそれなりに努力はしたと思います。ただ、地元密着、というのはカープがやっているこのレベルまでやって初めて地方都市でも黒字化する、というもので相当厳しいものだ、と感じました。

ライブドアは仙台に本拠を置く新球団を構想しているそうです。うまくやれば成功するでしょうが、中途半端では難しい、ということも心に留めておく必要があると思っています。

2004 09 17 [スポーツ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球スト決行:

コメント