« トラックバックとBlogコミュニケーション | トップページ | リゾートの利用 »

2004.09.21

社説ってこんなのだっけ

新聞の社説というのは、いろんな情報が集まった中で取捨選択をしてあるべき姿を指し示そうとするものであり、それが社会の木鐸たる新聞の姿である、というイメージがあったと思います。

・・社会の木鐸・・自分で書いていてものすごく気恥ずかしい言葉になってしまいました。

で、この3日間の読売新聞の社説、うちはなぜか読売を購読しているので(私はカープファンだから読売だけはとりたくなかったのだけど成り行きで今購読しています)、紙面で読むことが出来ました。確かに、みなさん言われるとおり「歴史に残る奇文」となるかもしれません。(縮刷版で消したりはしないだろうし)

さて、うちでは日経産業新聞も並行して購読しています。こちらでも、ぼくと会社とにっぽん再生、というタイトルで企画記事を出しており今はプロ野球の経営問題を取り上げています。専門紙だけあって、通常の記事よりも深く突っ込んでおり、ブルーウェーブでは個人ではなく企業を会員とする後援会があり、今回の統合で合併して出来るチームが大阪へ行きそうだ、ということで残留に向けて動いている、という記事がありました。

さて、これらの記事や社説を読んで思うのですが、

社説ってみなさん読んでますか?

正直、私は「記事」は読みますが「社説」はほとんど読みません。新聞に対して期待しているのが情報提供であり、オピニオンでは無いからです。強いて言えば、社説の見出しを見てどういう動きがあるのか、というのをチェックする程度ですね。

21世紀も4年目に入る現在、情報が沢山入ってくるのは新聞社内部だけではありません。商業ベースとはいえ、世界中の情報がネットで広がり、さらに個人ベースでの情報発信も広がりつつあります。記事に載せるべき情報を編集する機能は意味があるかもしれませんが、オピニオンまで言ってもらう必要は既に終わっているように思うのです。(政治家は困るかもしれませんけどね)

ちなみに、上記の日経産業新聞には社説はありません(もしあったらどんなのになるんだ?)。紙面のあり方、読者の求める物を供給する、それでよいのでは無いでしょうか。

2004 09 21 [報道] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 社説ってこんなのだっけ:

» 第2回ゴーログトラックバック大賞は年末に決定します![TrackBack Ranking] from 週刊!木村剛
 皆さん、こんにちは。木村剛です。毎週日曜日は、トラックバックランキングにおける 続きを読む

受信: Sep 26, 2004, 10:41:40 AM

» プロ野球スト突入 from ガ島通信
ついにプロ野球がストに突入しました。前回に続いて既存メディアの対応と問題点を書いてみたいと思います。やはり、まずチェックすべきは読売新聞でしょう。1面に運動部長... 続きを読む

受信: Oct 1, 2004, 5:39:51 PM

» [米国産牛肉]「輸入再開の条件は整っている」 by読売新聞社説 from BSE&食と感染症 つぶやきブログ
ここはありがたいことに新聞記者さんも読んでくださっているのですが、社説って、新聞の顔ですよね?社説を読めばその新聞のレベルがわかる、と申しますよね? 読売新聞を読んでいたら、唸らせる社説がございましたので、その検証とともに米国牛の問題点の総ざらえをしてみることにしました。 ■5月27日付・読売社説(1)[米国産牛肉]「輸入再開の条件は整っている」 http://www.yomiuri.co.jp/editoria... 続きを読む

受信: May 27, 2005, 4:38:54 PM

コメント