« 千葉もやばいんです | トップページ | Blogはどこまでニュースを提供できるか »

2004.09.30

歴史に残ってしまうことをする読売って・・

今日(2004年9月30日)の読売朝刊に掲載された週刊文春の広告は、内容に対して読売が抗議して一部墨塗りの形で掲載されました。その内容は大西 宏さんのBlogを見ていただければよいと思います。

しかし、このような目立つ形(かつ形として残ってしまう)ことをするというのは、読売も「報道」というものの矜持を失ってしまったのでは、と思わざるを得ません。下手すると、「縮刷版」で永久保存になってしまう、とは担当者は思わなかったのでしょうか?(抗議を受けた上で異常がわかりやすい形に作った文春側の作戦勝ちとも取れますが)。

 報道が権力の監視機構として働くのは、ようは「見ているからこっそりへんなことはできないよ」ということに尽きると思います。それを、「自分達は関係ないもんね」という立場を報道機関が取れる時代ではなくなっていると思うのです。

 昔から、ある事件について詳細を知りたい場合には複数のニュースソースをあたって裏を取っていく、という手法がありました。そして、ネットによってこの方法の難易度は一層下がっていると思います。この状況下で、報道機関が情報統制ができると思うセンスを疑ってしまいます。

 逆に、読者の側も複眼で物を見るセンスを失わないようにしなければ、と思います。

2004 09 30 [報道] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史に残ってしまうことをする読売って・・:

» 読売新聞は期待を裏切らない−文春広告塗りつぶし from Watch IT,ケータイ,ベンチャー
巨人軍は不滅でも、読売新聞は自滅?(大西 宏のマーケティング・エッセンス) 大西さんのblogで見つけたのですが、あまりに衝撃的だったので、相乗りさせていただ... 続きを読む

受信: Sep 30, 2004, 9:14:31 PM

» やがて悲しきプロ野球 場外乱闘編 from Mac de DVD
読売新聞がいつか真っ黒になるのかと思うととても怖い。ちなみにライブドア内部では宮城県知事に来た9割のライブドア応援メールを検証もしていないのに、まるで9割全部が... 続きを読む

受信: Oct 1, 2004, 12:16:21 PM

コメント