« リアルタイム防災情報 | トップページ | 危機に役立つ科学教育を »

2004.10.22

プロ野球オーナー、続々辞任

明治大学の一場投手に対し、「食事代」として金銭を渡していたことに対し、ジャイアンツの渡辺オーナー(当時)が辞任した、というニュースは既にご存知のことと思います。そして、同投手に対して横浜阪神もやはり同様の金銭授受があったとして両球団のオーナーが辞任、ということになりました。
 西武の堤オーナーも、シリーズ終了後の辞任を表明していますため、一気に4球団のオーナー(近鉄も合わせれば5球団)のオーナーが変わることになりました。

これらの動きを見ていますと、「旦那衆がやる気をなくした」という気がしてなりません。渡辺オーナーにしても、今までだったら大きな話題にならなかったり、適当に握りつぶせたものが、思った以上に騒ぎになってしまっため、「おれはしらん」という感じで奥に引っ込んでしまった、という印象があるのです。

 ホークスも、このまま行くとオーナー交代になるでしょう。半分のオーナーが変わり、オーナー会議も様変わりすることが予想されます。この中で、仙台への新球団を審査するオーナー会議がどうなるか、ますますもって院政が引かれるようであれば、崩壊の始まりだろうし、これを気にプロ野球システム全体の近代化が図られるのであれば、より面白いスポーツとして生まれ変われるチャンスだと思います。

 1ファンとしても、「面白い試合が見たい」というだけ、ということですので敷居を下げ、プレーヤーの魅力を引き出せる形で組織運営をしていって欲しいものです。

そうしていけば、公共財としてのプロ野球を持つことの意義が親会社にも出てくるのかな、とおもいます。現状、すねに傷持つ企業はいくらでもあり、「罪なきものから石もて追え」といわれて石をもてる企業は無いでしょうから。

2004 10 22 [スポーツ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球オーナー、続々辞任:

» 現行の球団に公共財としてどうなのか? from 六本木ではたらく社長のブログ
よくやるねー、自分のことを棚にあげて。オーナーのみなさま。 天にツバするようなものでしたね。 現行の球団こそ公共財としてふさわしい会社かどうかを見極めるべきだと... 続きを読む

受信: Oct 23, 2004, 1:43:21 AM

» 仙台新球団≪命名編≫ from OverTheRainbow -COLUMN-
楽天は昨日仙台新球団設立の場合のチーム名を発表 『東北楽天ゴールデンイーグルス』 少し長いな。つうか『ホークス≪鷹≫』に対抗して『イーグルス≪鷲≫』... 続きを読む

受信: Oct 23, 2004, 9:47:01 AM

» 西武鉄道上場廃止か、コクド保有を銀行にも伝えず社長会見矛盾だらけ    夕刊フジ from PROPAGANDA
T・Bすんづれいします∠( ̄∧ ̄) ビシッ!! 続きを読む

受信: Oct 25, 2004, 5:57:00 PM

» [トラックバックランキング] あざらしサラダのジャーナリズム論 from 週刊!木村剛
 皆さん、こんにちは。木村剛です。まずは謝罪から。昨日の「BLOG of the 続きを読む

受信: Oct 31, 2004, 11:08:43 AM

コメント