« 今週のニュース(10/17~10/23) | トップページ | FJの今後への期待 »

2004.10.25

日常できる防災対策

先週は台風23号と新潟中越地震と大規模な災害が続き、被災された方々はさぞかし大変だったと思います。私は幸運にしてたまたま今回は被災していない地域にいましたが、普段から風が強いため強風による被害などは他人事ではないな、と感じています。

で、今回の状況を見て、日常から出来る防災対策があるのではと改めて思いました。

色々ありますが、以下のサイトにまとまった情報があります。
家庭防災ハンドブック

で、これらに書いてあることが全部できればよいでしょうが、普段の生活を非常時対応にするのはなかなか難しいと思います。面倒ですしね。それに、非常持ち出し袋に準備だけしておいて、電池が切れていた、というのはありがちなことかもしれません。

そこで、普段の生活を少し変えるだけでより災害に強い習慣を作れないか、ということを考えてみました。
1.使用する水の一部にミネラルウォーターを使用する
  多少贅沢ではありますが、ミネラルウォーターのPETボトルが常備してあるだけで、飲料水が確保できていることになります。常に、の必要は無いと思いますが、使わないものに場所をとられても仕方が無いし忘れがちでしょうから。
2.バーベキューなどのアウトドアの経験を積んでおく。
 屋外で調理をするにしても経験が必要でしょう。炭とコンロがあって、料理経験があればいざというときに役立つはずです。

3.整理整頓
 何を、といわれるかもしれませんが、非常時にすぐに動けるようにするためには貴重品などの整理整頓が必要でしょう。

自分はどうだ、といわれると1については△(数が足らない)ので、すぐにでも増やしておこうと思います。2は、一応揃っているし、なべでご飯が炊ける技術はあるのでOK、3は△~×なのであらためて整理をしようと思っています。
他に、阪神大震災以降で気をつけていることや実行したことは、
4.カバンの中に常にツール(ナイフやドライバーがセットになっているあれ。個人的にアーミーナイフではなく、レザーマンツールにしてある)とハンドライトを入れておくようにしています。これは、別に災害でなくても色々役に立つので、災害時でもあわてずに済むと思っています。
5.携帯TV(ラジオ付)を買いました。今は台所のサブTVとして使っていますが、電池を入れれば停電時でも役立つので、予備として控えています。実際、おととしの台風(鉄塔が倒れたとき)の停電時に、情報収集に役立ちました。

で、木村氏には、被災体験をもっと語って欲しいです。有名な経済人が真っ暗な中、線路を降りて駅まで歩き、毛布にくるまって駅の構内の床で寝る、なんてのはあまり経験できないことでしょう。そして、実体験に基づく提言こそ説得力を持つでしょうから。


2004 10 25 [防災情報] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 日常できる防災対策:

» ★ 我が家の防災対策(非常持出用荷物の中身) from *** 身辺雑感 ***
 今日で阪神大震災から10年が経ち、昨年の新潟中越地震、インドネシア・スマトラ沖地震&津波、を考えると、僕自身、災害に対する意識(危機感)が高まってきています。... 続きを読む

受信: Jan 17, 2005, 5:47:05 PM

コメント

はじめまして.そのキムタケさんのところから参りました(^^;

>で、木村氏には、被災体験をもっと語って欲しいです。
同感です.触れないのは何か考えがあってのことかも知れませんが…

投稿者: ko-hi (Oct 26, 2004, 2:16:08 PM)