« そもそも国家とはなにか | トップページ | 娯楽の王様が復権か »

2005.02.06

今週のニュース(1/30~2/5)

今週も気になったニュースをピックアップしていきます。

1.一太郎、ヘルプのバルーンヘルプアイコンで松下に特許裁判で敗訴
 ワープロソフト「一太郎」を製造・販売しているジャストシステムが松下電器に特許侵害で訴えられ、東京地裁は松下電器の言い分を認め、ジャストシステムの製品の製造・販売を中止する判決を言い渡しました。ジャストシステムは直ちに控訴する方針です。
 この特許、バルーンヘルプに生えた毛のような特許ですが、一応成立しています。Windows標準のバルーンヘルプは文字のみですが、松下の特許は「アイコン」が加わっているのがミソのようなのです。知財戦略は大事ですし、法務部門が金を生むというのは確かですが、どうもやるせない気分になるのはなぜでしょうか。変な話、先日の青色LEDに関しては同じ会社の中だったため特許の効力の判定が安く見られますが他社になるとむしりとるような形になって行きます。最初の特許と、それを育てていく過程での労力とで見られる効力の考え方が他社になると無視されるようですね。まあ、これが独立してリスクをとったゆえの効果と言ってもよいのかもしれませんが。

2.キャッシュカード被害、法整備検討か
 キャッシュカードに関しては、現在もし盗まれて悪用されてもその責任は全て使用者にかかるような約款になっています。使用者側の「適正な管理」が極めて厳しく適用されているのです。クレジットカードなどでは、盗まれて使用されても保険の適用がきくことが多いのですが、キャッシュカードに関してはそれこそ脅迫されたなどの明確な証拠でもない限りは無理でしょう。ここでの「適正な管理」に関してはクレジットカード並みが常識のように思えるのですが、現行の約款はそうはなっていません。かといって、銀行側で偽造がしにくいカードにするのもコストの点でやる気が無い、とここへ来て個人ユーザの軽視が裏目に回っているようです。銀行が本当にユーザに優しい金融機関になれるのか、また一つの試練を迎えていると思われます。

3.憲法改正、9条に関して「自衛軍」の明記を検討
 通常国会での予算委員会で、民主党の鳩山議員の質問に応えて小泉首相が答弁しました。まあ、現在の世界を見る限り非武装中立は絵空事でしょう。武装は必要と考えます。そして、現在の自衛隊が軍備ではないと考えるのも無理があるのは間違いないため、憲法9条2項の改正は必要でしょう。ただ、ひとつ「軍」と言われて引っかかってしまうのは旧日本軍の行為に関するアレルギーのようなものかも知れません。これは、「軍務は全てに優先する」という旧日本軍の活動に起因すると思われます。もちろん、いわゆる有事の際に軍隊が軍務を行うのは当然ですが、そうでない時、例えば通常時に陸軍が地上を移動する際は信号を守って通常車両をどかせたりはしない、などのマナーをきちんと守った形が定着できるのか。現在の自衛隊は守っていると思いますので大丈夫と思いますが、平時の市民生活を侵害しない軍隊としてきちんと管理が行われている、ということが大切なのかな、と思っています

4.サッカー日本代表、北朝鮮戦前にシリアに快勝
 FIFAワールドカップドイツ大会の最終地区予選の北朝鮮戦を前に、シリアとの練習試合が行われ、3対0と快勝しました。発足当時は中々勝てなかったジーコ監督率いる日本代表チームですが、国内組を中心にチームを纏め上げたようです。ジーコの手法は精神論から入るため結果が出にくいと思いますが(アントラーズを作るときも「プロ意識」を叩き込むところから始まった)、一旦できてしまえば選手個々人が独立して力を発揮できるため崩れにくいと感じています。9日の試合も楽しみにしています。


2005 02 06 [ニュース] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のニュース(1/30~2/5):

コメント