« ニフティの終焉とネット上のコミュニティ | トップページ | これでも公的機関だから大丈夫と言えるのか »

2005.02.23

ライブドアの功績とは

ライブドアによるニッポン放送の株買収はフジテレビに対するストックオプションの発行という大技の繰り出しによりますますわけがわからなくなってきています。個々の策についての合法性とか、有効性については、正直私はわかりません。ただ、一つ言えるのは、この騒動でみんな結構M&Aについて勉強や経験をしたのではないか、と思うのです。特に素人株主のような人たちに。

ライブドアは、資本主義のルールについてはほとんど直球しか投げてきていないように思えます。株式の買い付けを行い、過半数を取ればオッケー、というのは確かに株式会社の成り立ちを考えればその通り。そして、この直球勝負に対して周りが翻弄されているように感じます。

で、議決権は、拒否権は、25%ルール、5%の開示ルールなど、今まで新聞やテレビにはほとんど出ていなかったM&Aや株主総会での決まりがこと細かく解説されるようになりました。

東京三菱と三井住友によるUFJの取り合いも表に出てきたこと自体が今まで無かったことですが、今度は買収の過程自体が表に出てきたことで、周りの企業にとっては願っても無い事例研究になっていると思います。そして、これは一般投資家にもいえるでしょう。


まだ決着はついていないようですが、衆目監視の中で詳細が報道されながら買収合戦が行われているという点では、歴史に名を残すような出来事ではないかと思います。

(本エントリは週刊!木村 剛への投稿でもあります)


2005 02 23 [経済・政治・国際] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: ライブドアの功績とは:

» [メディア]フジvs. ライブドア問題のまとめ from ll Daily Note ll
一時は、感情的、情緒的な議論ばかりが先行して、時代が逆行したかのような錯覚を覚えたニッポン放送を巡るフジvs. ライブドアの問題も、ここにきてようやく冷静な... 続きを読む

受信: Feb 25, 2005, 12:56:29 PM

コメント