« HD-TV時代のコンソール | トップページ | トークマスター2を入手しました »

2005.05.22

今週のニュース(5/15~5/21)

1.病院再生にあおぞら銀行がファンド設立

 病院は企業体の形を取っていますが、営利企業としては認められていないため医療法人として経営をおこなっています。ただ、医師が経営者でなければならない、という面(医師が経営のプロであるケースは少ないですね)、患者とコストとベネフィットとのバランスについてなかなか社会的な合意が得られていない(ホテルコストをどうするかなど)のため、相当苦しいのが現状でしょう。特に最近は検査機器などの設備投資が多く要求されるようになり、このための融資案件を地銀が抱えていることが予想されます。これらの医療機関の債権についての再生ファンド事業について、あおぞら銀行が乗り出しました。
 いわゆる先生業は、どれも経営的に見ればその業についての専門性を必要とされてはいますが企業体としては素人が指揮をしなければならない、という点で実のところ無理が生じているように思えます。これは一般企業での技術と経営の専門化に近いところがあるでしょう。ただ、過去ずっと「先生」としての尊厳を社会的に認知されているため、経営として誰かの下にはいるような形は難しいように思えます。となると、経営(というか経理的な面で)のプロによるアウトソーシング、ということはありなのかな、とも思えます。今回のファンドがどこまで入って行くかはわかりませんが、地方ゆえに金勘定だけでない部分があることについては改革が必要なのかな、とおも感じています。

2.スター・ウォーズ エピソード3公開
 監督が「シリーズ最終作」と語っているスター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐 が19日、全米で公開になりました。最初のスター・ウォーズから28年、思えば長い時を経たものです。
 私は最初の作品からすべて映画館で見ている年寄りですが、当時は9部作と言われていた話が6部作になる、と言われて最初は不満を感じていました。ただ、今終わりを迎えつつある状況を見ると、これはこれでよいのかな、とも思えてきます。なにせ、ジェダイの帰還以降の話はいろいろと小説としては作られており面白いものもありますが、スピンオフものとはなっても「本編」にはなりえないような気がしてきたからです。

本編としては、「ジェダイの騎士が昔いました。一人の少年がジェダイになったが、悪者になってしまいました。しかし、その息子が正義の心を取り戻してくれました」というだけで良いように思えるからです。ルーカスは世界中の神話・伝承のエッセンスを学習して、意識して取り入れていますからね。

また、30年近い時を経ることで、アメリカ人にとってはひとつの神話を得ることに成功したようにも思えます。今あるいろいろな民族の神話、伝承にしても最初に誰かが言い出したのでしょう。神話の構造を取り入れて作られた「スター・ウォーズ」も、ジェダイというよくわからないけど理想の何か、という「神話」をアメリカ人に与えた最初になるのかもしれません。

3.スーパー等のレジ袋、有料化なら法制化を

私が子供のころ買い物のお使いに行ったときは、買い物籠を下げて行きました。これが店で袋をもらえるようになったのはスーパーマーケットの普及に沿ったものと記憶しています。で、今この袋についてはゴミの象徴のようになってきました。確かに、有料ならば手持ちを持って行くという買い物客は多いでしょう。ただ、これがサービス競争の一環にもなっているため各店としては客足が減るというのも避けたいのが本音だと思います。であるから有料化なら法制化、というカルテル的な動きをせざるを得なかったのだと思います。

 ただ、スーパーだけなのか、デパートでの包装も有料なのか、包装費込みで売るようになったらどうなるのか、など問題は大きいでしょう。販売店側も、万引き防止という面がレジ袋にはあるのですよね。結構根が深い問題かと思います。


2005 05 22 [ニュース] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のニュース(5/15~5/21):

コメント