« トークマスター2を入手しました | トップページ | セントレア、大幅な節約で開港 »

2005.05.26

トークマスター2使って見ました

先日トークマスター2入手しましたと書きましたが、その後マニュアルと格闘しながら使ってみました。以下、感想です。

1:見かけ
 写真を見てもわかりますが、iPodを明らかに意識していますね。中央はホイールではなくケータイでよくある4方向スイッチですが、まあ、直感的に使えます。サイズは薄いタバコの箱くらい、という感じでしょう。ただ、3万円超えるラジオとは思ってもらえないような気はします。

2:操作性
 最初、「電源スイッチはどこ?」と探してしまいました。中央の再生・停止ボタンの長押しでONになる、なんてのはマニュアル見ないとわかりません。他にも、手動録音のスイッチはわかるのですが停止が中々わかりませんでした。他にも長押しでON,というのが結構あってケータイ文化がかなり入っているな、という実感です。

3:音質
 可もなく不可もなく、という所でしょうか。面白いのは、AMを録音するとノイズが結構減っているようにかんじるところです。32kbpsですと早口の部分が潰れる感じがしますが、まあ、元がAMと思えば頑張っているほうでしょう。ただ、何かスイッチを押すたび(ボリュームですら)プチプチノイズが耳障りですね。安物感がこんなところで出てしまっています。

4:録音
 予約画面は親切です。語学番組を録音することが前提だけに、週の毎日、月~金、月~土が選べるというのは番組構成をわかっている証拠でしょう。感度も私がいるところではまずまずですね。ノイズはそれなりに乗っていますがまあ我慢できる範囲ではないでしょうか。音楽番組のエアチェックというのは辛いでしょうがラジオを予約して簡単にデジタルで取り込めるというのは他には無い機能だけに、ここが簡便になっているのは魅力だと思います。

5:その他
 一緒にオプションのキャリングポーチを買ったのですが、これは失敗でした。ナイロンの安いケースで、特に純正という魅力もありません。こだわるならば市販のデジカメケースなどを使ったほうが良いように思えます。

トータルで見て、ラジオの魅力を引き出せる機械であることは間違いないでしょう。特に録音して楽しむということを思い出させてくれた点は特筆に価すると思います。あとはもう少し安くなるなり、格好良くなるなりがあればもっと売れる商品になるようにも思えるのですよね。

2005 05 26 [学問・資格] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22944/4289035

この記事へのトラックバック一覧です: トークマスター2使って見ました:

コメント

はじめまして

先日、トークマスターユーザーになりました。

<あとはもう少し安くなるなり、格好良くなるなりがあればもっと売れる商品になる

同意です。コンセプトは良くて大変満足していますが、所々に気になる点があります。

今はケースに悩んでいるところです。
ケースで何かおすすめはありますか?

投稿者: Pスカイ (Apr 15, 2006 12:12:53 PM)

Pスカイさん、はじめまして。トークマスターのケースですが、私は文中にあるように既に生産完了になった純正ケースを使っています。まあ、特に不自由はしていないので、買い替えはしていませんけどね。

使う時にはケースから出す必要があるなど問題点が多くあります。今度マイナーチェンジした1GB・ホワイトモデルも出ており、多少魅力が増したのかもしれません。

投稿者: skywolf (Apr 15, 2006 8:37:36 PM)

コメントを書く