« 空調服はチーム-6%にどこまで貢献するか | トップページ | 石垣島パイナップルと銚子メロン »

2005.06.19

今週のニュース(6/12~6/18)

今週も気になったニュースを取り上げて行きます。

1.金融庁、決算書に経営者の宣誓書添付を求める
 金融庁は、各金融機関が発表する決算書に不正が無い事に対する宣誓書を経営者に出させる、とういことを求めていくそうです。なんというか、きわめて日本的な行為のように思えます。決算書は各企業のもっとも重要な対外発表文書であるのにこれが正しい、という宣誓書が求められるということは経営者が無能、または判断力が無いということと言われているようなものではないでしょうか。

まあ、趣旨としてはどちらかというと決算書の内容というよりも社内の法遵守体制に対して責任を持て、ということのようです。金融機関は信用第一といわれていた事が今どこかへ行ってしまっていますが、信用レベルを上げる事がリスクを下げ、すなわちコストを下げることであるということに繋がるのではないかと思います。


2.地震保険の加入が900万件突破

阪神・淡路大震災以降クローズアップされてきた地震保険ですが、昨年の新潟、スマトラ沖、今年の福岡沖と大型地震が相次いだ事もあり加入件数が増加してきています。日本は地震国であるというのは周知の事実ですが、個別の家や地方では「うちは大丈夫」という感覚がまだ残っているかも知れません。ただ、活断層が通ってない地域は無いと思ったほうが正しいのが日本の現状です(地図に載ってないのはまだ分かっていないと思ったほうが正しいでしょう)。地震保険が普及する事で保険料が下がり、いざという時の復旧に役立っていくような方向に向かう方がより良いと思っています。
(私は全労災の自然災害共済に入っています。地震だけでなく、台風などの風水害被害への保障もありいざという時の備えになるか、と思っています。社宅住まいですが家財の保険ということで。借家住まいの方も家財に対する備えというのは忘れがちですのでご一考を願えればと思っています)


3.a href="http://www.sankei.co.jp/news/morning/19iti002.htm">プロ野球交流戦終了。パリーグには効果あり

今年初めて行われましたプロ野球交流戦が終わりました。私もいつも見られないカードなどを楽しみに見ていました。そして、パリーグにとっては以前からの要望どおり観客の増加、テレビ放映権収入、知名度アップが図られています。ただ、セリーグにとっては微増が2チーム程度であまり効果はありませんでした。

また、今回感じたのは、1リーグでもいいんじゃないのか、ということです。JリーグもJ1が18チームで戦っています。試合数が違うにしても組み合わせが多数あるほうが面白い、また対戦の繰り返しが減る分、1試合の価値が上がるようにも感じています。

アメリカのMLBでは移動も大変ということもあり地域優勝というのもありでしょうが、日本のような狭い国内で、航空機が発達している状態では1リーグ化でも良いように感じ始めています。
(で、カープは最初はまずまずだったのに後半は失速して最下位寸前だものなぁ・・サンフレッチェが強い分余計目立ってしまう)


2005 06 19 [ニュース] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のニュース(6/12~6/18):

コメント