« 危機管理は根付いてきたか | トップページ | スターウォーズ「シスの復讐」を見て »

2005.07.10

今週のニュース(7/3~7/9)

今週も気になったニュースを取り上げて行きます。

1.アイワイバンクATM、ICカード対応に切り替え開始

セブンイレブン内にあるATMを稼動させているアイワイバンク(セブン銀行へ改名予定)ですが、ATMをICカード、また血流パターンなどの生体認証にも対応できる新型へ順次切り替えていく予定であると発表しました(ニュースリリースはこちら)。全国展開は4年後となっていますが、デュアルディスプレイによる広告配信を行うことで収入を確保、内部処理速度を上げて運用コストを下げるなど意欲的な内容となっています。ATMというのは銀行窓口をロボット化したものですで適宜新型が各行で導入されてきましたが、こういう形で新型を入れて行くというのは中々難しかったのでしょう。このままいくと銀行店舗内以外のATMネットワークはセブン銀行が全部支配する、ということになりかねない状況が生じていると思います。

2.三洋電機、大規模リストラ案を発表

ジャーナリストの野中ともよ氏をCEOに迎えた三洋電機ですが、昨今の業績不振を受けて大規模なリストラ案を含む経営方針を発表しました(新ビジョン「Think GAIA」の内容はこちら)。
 内容を読むと、地球環境、共生などを基本におくようで、具体的な事業展開とすれば「太陽電池」、「二次電池」、「デザイン家電」などが中心になっていくような感覚を持っています。
 で、後半にあるリストラ案で不良部分を切り、ということなのでしょう。
 三洋といえば、いくつかの事業で世界トップレベルのシェアと技術をもっているのですが、コンシューマレベルでは知る人ぞ知る、という状況にとどまっていました(「デジカメ」は三洋電機の商標であるってご存知でした?)。
 小型デジカメのほとんどをOEM生産しているのは三洋ですので、各社の小型デジカメを見てスペックや設計(ボタン配置など)が似ているのは基本設計が同じではないか、とも推測できます。

ただ、それでもブランドイメージの弱さが企業業績の足を引っ張っているのも事実でしょう。今後はブランドイメージを高めて自社ブランド製品を伸ばしていくのか、強い電子部品などを武器に黒子に徹していくのかは今回の発表からは読み取れません(前者のような感じはありますが・・)。面白い発想と性能を持った製品が多いだけに、うまくすれば復活も可能ではないかと思っています。


3.IBM、自立型コンピュータの研究を発表
 昔のSFでは、コンピュータがある程度自立的な判断を行って人間を支配的する、というような光景が良く描かれました(最近ではマトリックスなどがそうですな)。
 こういうことになるかどうかはともかく、自分の保守は自分でやらせようというのが今回の自立型コンピュータの研究の主目的のようです。確かに、OSなどの複雑化、システムの重要度が上がり、かつハードウェアのコストが下がるにつれ保守コストが相対的に増しているように感じています。これに対する答えが今回のオートノミックコンピュータ、なのかもしれません。
 そして、ここにたとえば人型ロボットを組み合わせることでサーバールームが完全無人化できる日がやってくるような気もしないでもないですね。


4.野球とソフトボール、ロンドンオリンピック以降はなしに
 オリンピック種目から野球とソフトボールがなくなることになりました。元々世界的にはローカルなスポーツで、かつ米国中心ということが響いたのかどうかはわかりませんが、ついに種目から落ちてしまいました。確かに、球場は専用化するとつぶしが利かず、かつコスト高であることは事実だと思います。サッカーのように陸上のフィールドで、ともいきませんしね。アメリカのメジャーリーグはともかく、日本のプロ野球については逆風が吹いているのかもしれません。

2005 07 10 [ニュース] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のニュース(7/3~7/9):

コメント