« iTMS始動 | トップページ | 失敗学と管理手法 »

2005.08.07

今週のニュース(7/31~8/6)

今週も気になったニュースを取り上げて行きます。

1.ロシア潜水艦浮上せず、日本など救難艇を派遣

 カムチャッカ半島沖で訓練中のロシア海軍の救難用潜水艦が通常任務中に事故で浮上できなくなり、自衛隊などに救助を要請しました。現在、アメリカ、イギリスの救難用無人潜水艇が接近している模様です。自衛隊は国際救急援助隊として出動しています(法的根拠はここね)。
 冷戦時代を知っている年寄りとしては時代の変化を感じさせるニュースですね。と同時に、ロシアは隣国である、との認識を新たにしました(しかし、これって結構重大なニュースのような気もするのだがなぁ・・スペースシャトルよりも)。


(8月7日追記。潜水艦は英国の無人救難艇によるワイヤー切断が成功し、浮上、全員の無事が確認されました。速やかな救助活動が成功し、良かったです)

2.スペースシャトル、ISSの廃棄物等を積み帰還準備へ
 で、そのスペースシャトルですが、保護タイルなどに傷が発見されていますが補修などを行ったうえで帰還準備に入りました。タイルの傷自体は初回のコロンビアの頃から言われており、無事に帰還できる可能性の方が十分に高いとは私は思っています。ただ、シャトルシステムはそろそろ老朽化の限界に来ているのも事実、後継機の開発が遅れているしわ寄せが来ているのでしょう。貨物と人間は別々のロケットシステムで輸送するほうが良いのかな、とも感じています(ロシアのようにね)。

3.政府、アメリカに対し報復関税措置を発動

 アメリカの輸入品への反ダンピング法(バード修正法)に対する対抗処置として初めて報復関税をかけることになりました。実施までは少し間がありますが、アメリカへの輸出が多い日本としてはかなり思い切ったことのように感じます。ただ、それだけクールな外交ができるようになった、とも思えます。


4.夏の高校総体、千葉で開幕
 今年の高校総体は千葉県で開催されています。野球以外の種目について、熱戦が繰り広げられていますが、ニュースであまり取り上げられていません。野球に関しては、地元で関心が強く、地区対抗戦の疑似体験ができるということ、本人たちもそうですがOBの方がヒートアップするという状況を作り出しているようで、別組織であることを成り立たせているようです。野球が悪いというわけではありませんが、部外者が騒ぐ、というのは本人たちのためにはあまりならないのではないか、とも感じました。


ZIPPOライター(海上自衛隊 潜水艦 おやしお)   世界航空機文化図鑑 ●真夏の特選品超!大玉すいか1玉(10kg以上・ご予約品)● 

2005 08 07 [ニュース] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のニュース(7/31~8/6):

» 「潜水艦」 from 雑学のブログ
今日の雑学:潜水艦 4日夜、ロシアの潜水艇が漁網や水中アンテナなどが絡んで浮上不能となったため、日本・イギリス・アメリカにロシア政府から救助の要請が出された。 要請が出されてから3日後、イギリスの無人潜水艇の活動によって無事に浮上し、乗組員7人が無事に救出されたとの事。 この日は、酸素が欠乏する日ではないかと考えられており、時間との戦いと言われていた中での救出であった。 今回の事故で原子力潜水艦クルスク沈没事故が思い出される。 5年前に北極圏のバレンツ海で事故が起き、クルスクは100メ... 続きを読む

受信: Aug 8, 2005, 10:23:12 PM

» 「潜水艦」 from 雑学のブログ
今日の雑学:潜水艦 4日夜、ロシアの潜水艇が漁網や水中アンテナなどが絡んで浮上不能となったため、日本・イギリス・アメリカにロシア政府から救助の要請が出された。 要請が出されてから3日後、イギリスの無人潜水艇の活動によって無事に浮上し、乗組員7人が無事に救出されたとの事。 この日は、酸素が欠乏する日ではないかと考えられており、時間との戦いと言われていた中での救出であった。 今回の事故で原子力潜水艦クルスク沈没事故が思い出される。 5年前に北極圏のバレンツ海で事故が起き、クルスクは100メ... 続きを読む

受信: Aug 8, 2005, 10:28:46 PM

コメント