« 電池は家庭用こそ普及すべきか | トップページ | 選挙公約にマーケット・インはありなのか »

2005.08.09

自分党か、社長党か

 郵政民営化法案の参院での否決に対し、小泉首相はかねてからの持論どおり衆院を解散、総選挙となりました。色々と問題が山積している中の解散は批判もあるでしょうが、「予告し」、「明示して」、「その通り実行した」ゆえに、だまし討ち的な面が見られない分反対する側のトーンも弱くならざるをえない状況に陥っています。先手を取ったのは常に首相、という点で妥協を図ろうとする側の弱さが出てしまったようです。

さて、今回の自民党側の動きを見ていて思ったのは、自民党も企業的になってきたのかな、ということですね。小泉首相は、まさに「経営者」として振舞っています。リーダーとして方針を示し、人事を掌握し、責任を持って決断する。これは調整型の政治家ではなく、まさに「社長」のあり方です。ただ、この面では他の社長以外の人間は「幹部」はいても同等の同盟ではなくなります。この点で、旧来の連邦型調整を行ってきた集団である自民党の議員達は方針を見誤ったのかもしれません。

自民党は、時に自分党といわれるようにどちらかというと各自が「与党」という立場にあやかれることを目的としてその配分を調整することに心血を注いできたように感じます。もちろん、外国もありますので内政という形で国内をまとめることもしてきましたが、どちらかといえば内部の権力(と税金として集められた予算)を奪うことが重要でありましたし、取られた税金を取り返す、ということでは有権者も同様でした。ただ、小泉首相はこの中で、目的を明示して首相になる、という事を史上初めて成功させたわけです。

そして、いくつか紆余曲折はあるにせよ首相就任後はリーダーとして振舞ってきました。内容はそれぞれの立場で賛否あるでしょうが、立場にブレがほとんどないことは珍しいくらいですね。

で、今回の争いですがシステム上は首相に権限があることが明らかである分、反対派には勝算はなかった、とも言えます。あるいは首相の性格を誤解していたと。野党は悲惨だ、という言い方自体が政策論で語っていないことが明らかですしね。

今回、私はどこに投票するか迷っています。「自民党的なもの」が嫌いでしたが、前回の参院選で初めて自民党候補(竹中氏)に投票したのです。今回、各候補はそれぞれの信条はあるでしょうが改革については明確な立場を明らかにして欲しいと思います。


(本エントリは「週刊!木村 剛」への投稿でもあります)

2005 08 09 [経済・政治・国際] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 自分党か、社長党か:

» [ゴーログ]民主党はキャラを立てて対抗することができるのか? from 週刊!木村剛 powered by ココログ
 皆さん、こんにちは。木村剛です。選挙に向けて、民主党が良いキャラを立てるのに苦 続きを読む

受信: Aug 19, 2005, 9:06:40 AM

コメント