« ITは本来裏方のはずなのだが | トップページ | 最近トラックバックスパムがすごいので »

2005.11.26

今週のニュース(11/20~11/26)

今週も気になったニュースを取り上げて行きます。

1.スルガ銀行、他の地銀へ代理店業務を依頼へ
 規制緩和の一環で、銀行業の代理店業務が開放されます。一般的な想定は、たとえばコンビニやスーパーなどの人が集まるところで代理店を行う、ということでしょうが銀行が他の地銀の代理店を行う、ということも制度上は可能です。ここで、独自商品を自分の支店網だけでなく、他地域の銀行でも売ることが出来る、ということになります。
 さて、ここでもう一つ先を考えると、kakaku.comのようなところで「金利一覧」が出来て、さらに地域に関係なくどこの銀行とも取引が可能になる、という可能性ですね。もちろん、「審査」があるため簡単に購入、とはいかないでしょうが(貸すほうも顔も見ないで、というのはきついか)、預金集めに関しては大競争時代がいよいよ本格化するような感じを受けています。

2.医療費、全面オンライン請求へ
 現在既に導入されているオンライン請求ですが、フォーマットの不統一、イメージデータでの提出を認めていることで事務の効率化へは繋がっていません。また、一部での不正請求、支払いミスにも繋がっています。これを全面的に電子請求に切り替えることにより、レセプトの再審査、事務の効率化などに繋がることが期待できます。これをユーザーの側から見た場合は医療機関ごとのコストの違い、データの解析による健康管理にもつなげられるのですよね。

今の国民健康管理、という観点では企業などで定期健診を受けている人は履歴データがあるため何かあった場合にもデータが取りやすいのでしょうが、一般的にはかかりつけ医がいる人以外は初診の連続になるため変化が分かりにくくなっています。何かあってから高い金をかけて治療するのではなく、生活習慣病に関しては日常管理が重要なので、システムを根本的に変える必要があるのでしょう。縦割りさえなければ、免許の更新と健康診断をセットするとか(この場合、医療機関は任意に選んで競争可能)、そのデータを履歴として管理できるようにして健康管理に役立てるとか、自動車保険に健康診断をセットするとか(これだと年1にできる)、色々とアイディアを出し合ってトータルの医療費を下げる努力が必要かと思います。

3.プーチン大統領、来日、経済交流も活発化か
 現在、ロシアは世界2位の産油国となり好景気に沸いています。さらに、シベリア油田、サハリン沖ガス田など日本近傍で相当量の石油資源を抱えてもいます。今までは冷戦、北方領土問題もあり隣国でありながら遠い関係でしたが、ロシア自体の成長、日本もプラグマティックに変わりつつあり、政治問題はとりあえず棚上げにして経済交流が活発化することがありうるのではないでしょうか。
 先日、テレビでシベリア鉄道での紀行番組を見ましたが、ウラジオストックも既に開放されています。新潟、小樽といった日本海側沿岸が工業地帯として発達していく可能性も多く秘めているようにも思えます。
(こう考えると、北太平洋航路に接している釧路、苫小牧といった北海道は改めて重要性が増してくるように思えるのですよね。不凍港だし。こうなってきた時点で、あらためて青函トンネルが生きてくる可能性が出てくるでしょう)。

D&G フード付レザーコート 65GD19P3-81000(ドルチェ&ガッバーナ)DOLCE&GABBANAメンズ【1125アッ...ベルトをキュっとしめて、男のかっこよさを追求するベルテッドモデルAutumn&Winter■”barassi...ちょいピタ系のシングルトレンチコートで冬は決まり!コットンオックスにウォッシュ加工で味出...

2005 11 26 [ニュース] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のニュース(11/20~11/26):

コメント