« ニートに神田川はどう響くか | トップページ | 今週のニュース(2/12~2/18) »

2006.02.17

見本市としてのオリンピック

トリノオリンピックが開幕し、色々な名勝負が繰り広げられています。日本選手が、というのはありますが、一観客の立場で見ればスーパーアスリートの超人的な動きを見ているだけでも楽しくなってしまいます。で、考えてみると、単独競技でのワールドカップというのは色々とありますが、複数の競技者が一同に集まってまとまって行う、というのはオリンピックしか無いな、と気づきました。


マイナー競技、メジャー競技と色々とありますが、国と地域別にまとまって選手団としてやってきて色々な競技をする、という運動会の原点がここにあるともいえます。同時に、各競技団体にとっては華やかな舞台であり、今後の競技のシェアを伸ばすための見本市とも言えるわけですね。

最近では、スノーボードやモーグルなどトリックを使う派手目の競技が増えてきました。時計とメジャーで競う競技から、ジャッジが点数を競う競技に力点が移っているようにも思えます。まあ、アルペン系の競技は圧倒的なスピード感があり、これはこれで楽しいのですが。

私個人としては、スキーをすることもあり、自然の風景の中で競技が行われることが多い冬のオリンピックは結構好きです。夏の競技で外の風景というのはマラソンやクロスカントリー程度ですからね。冬山の開放感とスピード感を一気に楽しめるのは冬の競技ならでは、と言えるでしょう。


(新競技のスケートのパシュート、3人そろって滑っている所は ジェットストリームアタックだな、と思った私はガンダム世代・・)


★トリノ オリンピック★アシックスTORINO スウェットシャツ【トリノオリンピック】イタリアレプリカモデル・あたたかダウンベスト/オリンピックブルーがんばれ日本!【2006トリノオリンピック】★日本代表選手団着用★デサント レプリカプルオー...

2006 02 17 [スポーツ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 見本市としてのオリンピック:

コメント