« 全て個人宛になる電話 | トップページ | 今週のニュース(4/30~5/6) »

2006.04.30

今週のニュース(4/23~4/29)

今週も気になったニュースを取り上げて行きます。

1.自治体も破綻する?法制度整備か
 竹中総務大臣の私的懇談会は自治体の破綻法制度を数年以内に導入する案を発表しました。同懇談会では、地方交付税のありかたもあわせて見直すとしているため、地方自治体の「経営」についてより厳しい見方を要求されるものと思われます。ただ、都道府県のうち市町村合併推進条例を制定しているのは34都道府県に留まる為、各自治体に圧力をかける意味もあるのでしょう。人口の縮小、サービスの高度化など財政圧迫要因が目白押しの今、将来的には「集落の撤退」もあちこちで起きてくると思われます。「居住地域」、「中間の里山」、「自然維持区域」などにデザインを見直す時期が来たのかもしれません。歴史的経緯などを無視すれば、ですが。

2.懸賞広告の上限規制撤廃へ。公取委判断
 商品を知らしめる手段として、懸賞つき広告がよくあります。以前は射幸心をあおる、競争の過熱を防止する、と100万円が上限、その後1000万円まで引き上げられましたが、実質的に1000万円を越えるものが少ないとして規制を撤廃しました。まあ、今景気が良くなりつつある為一発物として多少1000万円超の懸賞が出てくるかもしれません。広告業界にとってはプラスですね。こういうことも、規制緩和の一環でしょう。自由な発想を促すという点では良いことかと思います。


3.レクサスLS発表。発売は9月に
 トヨタ自動車はモデルチェンジしたレクサスLS(日本ではセルシオ)を発表しました。予想価格は800万円~1000万円超と言われます。ただ、今までアメリカで売っていたレクサスLSと同じものをセルシオとして売っていたわけですが、一気に国内では値上げ、ともいえますね。ブランド力でレクサスがメルセデス・ベンツ等に勝っているかとはまだいえないわけで(国内ニュースも「トヨタのレクサス」としか言われませんし)、同じ価格なら、という所は微妙です。国内でレクサスを認知させるには、トヨタが下請けで作っている、というくらいのイメージ植え付けが必要なのかもしれません。



2006 04 30 [ニュース] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のニュース(4/23~4/29):

コメント