« 神様は勝利にこだわる | トップページ | 今週のニュース(5/21~5/27) »

2006.05.21

キャッシュからマネーへの移行

先日、以下のようなニュースがありました。

公金のカード支払い広がる

 5月といえば税金の季節、自動車税や固定資産税の支払い請求書が来ている人も多いと思います。その中で、指定金融機関での窓口(またはせいぜいコンビニ、良くて口座引き落とし)でしか払えなかった公金についてクレジットカードでの支払いが可能になるケースが増えているようです。実はコンビニ払い可能なものについてはコンビニでedy等の電子マネー支払いをすることで間接的なカード払い(edyならばこのチャージをカードで行う)が可能になっていますが、こういった裏技的なものではなく、直接自治体がカード会社と契約する形で支払えるようになりつつあります。

社会人で平日昼間が開いていない人は多いでしょうが、この中で自治体は事務コストの削減と徴収率のアップ、ユーザーは利便性とポイントによる実質値引き(と引き落とし時期による支払いの先延ばし)、カード会社はユーザー層の拡大とそれぞれメリットが見込めます。セブンアイホールディングスも独自規格の電子マネー"nanaco"を導入しますが、同時に他の電子マネーも読める共通端末を入れ、これにローソン、ファミリーマートも追随する模様ですので、一気に電子マネーが普及する目処が立ってきました。
NHKもカード払いが可能になっている今、個人の決済はカードが主流になる日も近いのかもしれません。

で、ではカードをもてない未成年などはどうするか。NTTドコモが与信1万円ですが12歳以上誰でも(ドコモユーザーなら)もてるクレジットシステムを出してきました。

キャッシュというのは便利ですが、おつりのやり取りなどを考えると不便でもあります。セキュリティの安心感さえあれば、もっと広がっていく余地は大きいのではないか、ともこれらの動きを見ているとおもえてなりません。その中で、自分としては便利に使う部分と安全を切り分ける部分をうまく使いこなしていければ、と思っています。

Microsoft Money 2006 + Easyシリーズ Collecti個人印鑑実印-銀行印-認印3本ケース付/柘(SS)/完全手彫(大周先生作)横型携帯電話ケース ポリウレタン RX-CAWPU

2006 05 21 [経済・政治・国際] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: キャッシュからマネーへの移行:

コメント