« キャッシュからマネーへの移行 | トップページ | 愛国心は理解できるが »

2006.05.28

今週のニュース(5/21~5/27)

今週も気になったニュースを取上げて行きます。

1.社会保険庁、年金納付を不正免除。組織ぐるみか

年金未納が長く問題になっていますが、納付率アップのため、納付対象者を減らそうという本末転倒の対策が採られていたことが分かりました。
 まあ、30年後よりも今の資金、という気持ちも分からないでもありません。特に自営業者にとっては税金と同じようにしか見えないと思います。定年もありませんしね。国家という枠組みの中、「自分達で頑張れ」というのと、「ここは面倒見ます」ということについて裏切られてきた、二枚舌を使ってきたという印象を私は持っています。こういう形では国家運営に携わる側により一層の強い責任感がないと、既得権の奪い合いにしかならず社会システムを良くしていく、という方向に向けることは難しいと思っています。

2.セブン・イレブン、情報システム刷新へ
 セブンイレブンが店頭にある情報システムを8年ぶりに刷新するもようです。コンビニといえば、店頭のPOS(即時売り上げシステム)により販売状況をきめ細かく把握する事で商品開発、棚管理に役立ててきた元祖なわけですが(ですから、当時コンビニがあるところならISDN(古いね~)が開通すると言われていた)、今回の刷新で立地分析まで行うようになるそうです。また、既に報じられている通り電子マネー"nanaco"の導入が決まっていますのでこれにあわせた刷新ともいえるでしょう。
 コンビニの利便性にはある程度限界が見えてきたようなイメージもありますが、新システムの導入時にどのようなサービスとリンクさせてくるか、また収益性アップに役立たせるようなバックヤードの動きがどうなるのか、興味深いところです。

3.KDDI、東京電力と共同でひかりONEサービス開始へ

 KDDIはインターネット接続、音声電話、TVの3つをまとめて使えるサービスであり、かつ携帯電話のauへの割引もあるサービスを本格的に展開し始めました。これらはNTTも既におこなっていますが、KDDIも統一サービスに乗り出してきました。これには、同様の事が可能なソフトバンク対策という面もあると思われます。
 ソフトバンクは旧日本テレコム、そしてかつては日本テレコムの携帯部門だったボーダフォンを合併し、BBフォンとあわせれば固定、携帯、そしてコンテンツ配信と全て一まとめに出来る体制を整えつつあります。NTTが資本規制の問題で本腰を入れられない今、早めにアプローチをかけてユーザーの囲い込みを図っていこうとしているのでしょう。ここで一番問題なのは「ケータイ」なのかもしれません。少なくとも、音声通話に関してはケータイと固定電話はバッティングします。棲み分けしている理由はコストだけ、という感じですね。メールも同様です。すなわち、個人レベルのコミュニケーション手段としては既にケータイの方がメインになってしまっているのでしょう。

となると、固定電話は速度とコストにメリットを出す、すなわちPCやTVのような大量情報処理が出来る端末に対する伝送手段としての意味しか無いことになります。メールやWebに関しては、大画面が使えるPCに実用性では分がありますが、これとてケータイに慣れている人には特にメリットとは写らないようです。

目的がコミュニケーションにあるとなると、PCの文化も裏に隠れていかざるを得ないのかもしれません。


SONY モバイルノートパソコン「VAIO NOTE type U」 VGN-UX50SHARP パーソナルモバイルツール「Zaurus」 SL-C3200ウィルコム【W-ZERO3(WS003SH)】新色OK!!10ヶ月未満でも機種変更OKです!!

2006 05 28 [ニュース] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のニュース(5/21~5/27):

コメント