« 愛国心は理解できるが | トップページ | チャイルドシートってそんなに面倒? »

2006.06.11

今週のニュース(6/4~6/10)

1週飛んでしまいましたが、今週も気になったニュースを取り上げていきます。


1.三菱UFJ、投入された公的資金完済

三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)は、金融危機の際に株の形で投入されていた公的資金を完済した、と発表しました。メガバンクではトップです。一時期、公的資金は税金を投入することで穴埋めになるのでは、と言われていましたがとりあえずはなくなりそうな雰囲気になってきました。

ただ、これらの返済に使われた資金はゼロ金利政策という銀行優遇により、実質的な税金の投入に近いところがあります。本来預金者などに行くはずの資金を振り向けた、とも考えられますので。

過去最高益は貸し倒れ引当金の戻りという本業以外の部分が原因とは言え、これからさらに収益性を上げていくことが求められるなど、金融機関にとってはこれからが正念場とも言えるでしょう。特に本来の間接金融を行うにはリスク管理を徹底する必要があるわけですが過去の土地本位制から脱却できたかどうか。難しいところに向かっているように思えます。


2.社会保障番号の導入検討へ

政府内に、年金などの社会保障給付管理のための番号制度を検討する動きが見られます。これは米国では実質的なIDの代わりに使われていることで知られていますが、年金、健康保険など国民に対して義務化されているものについては統一した管理で合理化と漏れをなくしていくことが当然のように思えます。

ただ、個人番号はどうしても管理やプライバシーの問題に結びつきやすいためこれも納税者番号と同様議論を呼びそうです。特に自民党のかつての(今でも?)有力な支持基盤である事業主(大小問わず)にとって、管理されるということがあまり好まれない状況があるため、頭数では多いサラリーマン(こちらはほぼ完全管理)よりも導入に対して抵抗があるかもしれません。ただ、非正規化された労働力が増えてくると安定した納付が望めなくなることもあるため、システム的に事前管理システムを入れることもやむをえないのではないか、という議論もありえると思っています。そうでなければ、誰でも払っている消費税、ということしかなくなってしまうわけですが。


3.FIFAワールドカップサッカー、本選開幕
 前回の日韓大会では緒戦でフランスが敗れるという波乱(このままフランスは予選リーグ敗退)がありましたが、ドイツはとりあえず初戦を勝利し勝ち点3をとりました。4-2というのは得点はともかく、守備の点で不安があります。まあ、勝てば良いわけですけどね。で、日本は12日にオーストラリア戦を迎えます。この試合に勝てるかどうかがやはり大きいと思っています。まだまだ不安な点は多くありますがこれはどの国も同じでしょう。ジーコも負けるつもりはないでしょうから、見ているほうも勝つことを前提に応援したいと思っています。


adidas/アディダス 06日本代表レプリカジャージーアウェイ長袖【0605aレプリカ】adidas(アディダス)日本代表応援グッズadidasジャージ日本代表ホームレプリカジャージーSSadidas チームガイスト 日本代表バージョン

2006 06 11 [ニュース] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のニュース(6/4~6/10):

コメント