« お金持ちとお金稼ぎとの違い | トップページ | 液晶ビューワの功罪 »

2006.09.17

今週のニュース(9/10~9/16)

今週も気になったニュースを取り上げて行きます。

1.企業の農業参入、規制緩和を検討

 現在、農業は産業といいつつ実のところ農家という個人経営でしか事実上認められていません。終戦時の農地改革が発端とは言え、その後の社会の変化には追いつけていないのが実情です。最近、規制緩和と特区という形で農業法人がやっと動き出しましたが、耕作放棄農地などが対象で産業を育てるというよりも既得権の保護という側面が強かったのが実情でした。

今回、改めて発展させる形で優良農地についても企業の参入を認める方向で農水省が検討したとの事です。現在、農薬のポジティブリスト制度など一農家では対応しきれない部分が出てきています。また、水耕栽培などの野菜工場など、新しい食糧生産システムが動き始めていますがこれらは単なる農家では対応できません。将来の食糧生産や発展を考えるに、ある意味望ましい方向に動き出したといえるでしょう。と同時に、これは20世紀以前から続いてきた農業を核とする地域形態の終了が始まった、とも思われます。

2.地上デジタル放送、ネット配信規格策定へ

2011年に現行アナログ地上波が終わりになります。そして、ネットを通じた「番組放送」の動きも本格化し始めました。ただ、ネットで地上波デジタルを送信する場合も、同時間に同放送を流すサイマル放送であり、かつ県域制限ものこるという状況は変わりません。この場合では「意味が無い」ことになってしまいます。

まあ、ネットで全世界どこでも見られるということになると、特にスポーツ放送などのライセンスが厳しい番組で問題が起きてしまうのですが(例えばオリンピック)、少なくとも日本国内のでは同じにして欲しいな、と思うのですよ。そして中身で勝負できるようにして欲しいと。別にコピーだ、著作権法違反だ、ということでは無く、「あそこで放送しているのに何故見られない」という不満を募らすだけになってしまうと思うのです。

不満の中にニーズを強化する、というのもマーケティングの方法でしょうが、行き過ぎると反感を呼ぶでしょうし、いまや裏事情もすぐに知れ渡ってしまう状況です。正攻法で勝負して良いものが生き残る、という事を素直に進めてほしいと思っています。特にこれからネットだ、SNSでのマーケティングだ、と言うのならば、品質あってこそ評価してもらえるのですから。

3.NTT、Lモード撤退へ
 NTT東西は固定電話で専用端末を使ってメールの受送信などができるサービス「Lモード」を終了する方針です。元々、ドコモのiモードの固定版として始まったのですが、やはり無理があったのでしょう。メールを使おうという場合、ライトユーザーは携帯を使うでしょうし、個人用としてはやはり携帯の方がなじみます。大きな画面で使いやすく、というのならばPCを使うほうが素直ですし。最初がLモードならばまだ対抗できたでしょうが、後追いはやはり難しかったということだと思います。

まあ、FAXとセットゆえに「同報FAXが簡単に出せる」というメリットはあったのですけどね(個々に電話番号で出す必要が無い)。


鮮度バツグンの生産農家直営店よりボリューム満点!!【ぶどう3色セット3kg】梨の最高峰 農家直送 南水 Lサイズ3kg(9~10玉)【送料無料】人気急上昇!梨の中で最も甘い“南水”【秀品】3kg

2006 09 17 [ニュース] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22944/11919794

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のニュース(9/10~9/16):

コメント

コメントを書く