« ソフトバンクの予想外割は法人市場目当てか? | トップページ | 今週のニュース(10/30~11/5) »

2006.10.29

今週のニュース(10/22~10/28)

今週も気になったニュースを取り上げて行きます

1.東証、ニューヨーク取引所との提携を否定せず

東京証券取引所は、上場の予定があったのですがシステムエラー等の不具合発生により見送りとなっています。また、現行のシステムの反応が遅い、昼に1時間30分も休憩を取るのは日本だけ、などコンピュータ化されたとはとてもいえないようなシステムが批判を浴びています。この上で、世界的な取引所の合従連衡も噂されている中の提携話ですが、どうも取り込まれてしまうような想像すらあります。
 マネーの壁は、北朝鮮のようなケースもあり必ずしも完全になくなっているわけではありませんが、取引所のパワーがその国の市場のパワーに直結していることは重要であると思われます。


2.経産省、工場立地規制を緩和の方向へ

経産省は全国一律で決められている工場立地の条件を緩和する方向で検討を始めました。緑地率、敷地中の建物の割合など公害の反省を踏まえて細かく決められていますが、これを各地方で決められるようにするなど工場誘致をしやすくする方向で生産地の国内回帰を促す方向です。確かに、環境規制の強化によって以前と同条件にしなくても良くなっているのは確かです。また、工場自体の用地も効率化によって減少する方向です。これらを考えると、以前よりも緩めても環境上の問題は減っていると考えて良いでしょう。国内のパワーを維持するという面でも、環境規制という形で総枠管理が出来ていれば良いように思えます。あとは、各地方で自分達の環境を維持すると言う事が自立的にちゃんとできるか、ということが問題として残るのですが。


3.ソフトバンクモバイル、MNPダッシュ成功もシステムトラブルで停止

「予想外割」でゼロ円イメージの認知に成功したソフトバンクモバイル、店舗は顧客が溢れるくらいに活況だったようです。そして、この週末来訪客が多すぎてMNPの手続きが停止するところまでになってしまいました。以前からのソフトバンク(ボーダフォン)を知っている人、ケータイの料金システムを見ている人には不評とも言われている今回のゴールドプランと新スーパーボーナスですが、その場で払う金額がゼロ(一部を除く)のは確かなので、顧客が殺到したようです。これが長期割賦であるということがどこまで認知されているか、1年程度で機種変する際に、残金支払いの必要性があることを始めて知る、という事にならないか、不安を残した出発と言えるでしょう。


4.ファイターズ、地元で日本一達成
 新庄の入団と札幌移転で強化と集客努力をしてきたファイターズですが、今年後半驚くべき強さを見せてそのままゴールという「劇的」な結果となりました。確かに選手が見られることで強くなっていくという結果が上手く出せたと思えます。すっかり引き立て役になってしまったドラゴンズが可哀想な気もしますがこれは勝負の世界。素直にファイターズを称えようと思います。

2006 10 29 [ニュース] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のニュース(10/22~10/28):

» ソフトバンク携帯が全機種無料ですって! from 視力回復!視力回復でメガネを取ったらアラ美人!
私、ソフトバンク携帯を最新機種を含めて、全機種無料で配っているサイトを見つけてしまいました。そのサイトはココです。私、前からスマートフォンってのが欲しかったんですよ。あのPDAみたいなヤツ。ウィルコムやドコモのがありましたが、値段と使い勝手がね…この、ソ...... 続きを読む

受信: Nov 18, 2006, 10:18:44 PM

コメント