« 今週のニュース(11/19~11/25) | トップページ | 2006年のニュース »

2006.11.28

センスの良さと売れ行きとのギャップ

自動車会社のCMを見ていますと、ホンダのCMは比較的「かっこよい」のが多いように感じます。最近はよく知った歌を別の歌手に歌わせてイメージを作る、というパターンが多いようで。日産も"SHIFT"をキーワードにこちらも比較的格好良いと思っています。で、トヨタですが、こちらはどちらかというと「ベタベタ」なCMが多いように感じます。でも売れているのはどちらか。全てがCMが原因では無いとはいえ、難しいところです。

例えばミニバン。日産のセレナは「モノより思い出」をキーワードにスマートな雰囲気を出しています。トヨタのノアの場合は家族旅行ですがギャグとしか言いようがない映像です。ただ、子供受けはどちらがするのか。父親の影が薄い今、子供と母親が主人公、という方が受けは良いのかもしれません。

マークXのCMも、水しぶきを上げてXの模様になる、なんてのは恥ずかしいくらいの気がしますがいわゆるオヤジ層には受けるのでしょうか(自分も41だからもうオヤジ組なんだけどなあ・・あれは恥ずかしいと思うぞ)。

ただ、売れているのは、というとやはりCMでのイメージ戦略うんぬんよりもブランドイメージだったり、営業マンのスマイルだったりするところが難しいところです。特に今トヨタはこぞって「勝ち組」の代表のような報道が多数出ていますので、車に対するイメージも詳しくないヒトには上がるでしょうね。もともとトヨタは「非カーマニア」(イコールマジョリティ)に対して造っているでしょうし。

自動車雑誌を買うようなことをしない人に対するマーケティングとしてはこれでも良いのかもしれません。

(私は自動車好きなのでトヨタに対してはあまり好印象は無いのです。道具としては優れていると思いますが)

2006 11 28 [経済・政治・国際] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: センスの良さと売れ行きとのギャップ:

コメント