« December 2006 | トップページ | February 2007 »

2007.01.21

グーグル検索も株価次第

今日のNHKスペシャルはグーグルに関してでしたね。まあ、NHKが取り上げる時はそのブームは終わっている、という格言の通り、内容的には特段新しいものはありませんでした。グーグル内部の映像とか、社員インタビュー程度かと思います。また、良質なTV番組として内容を整理された状態で見るのは、本やWebで見るのとはまた違った印象を受けています。


その中で、結構印象に残っていたのは検索対応会社のマーケティング活動でした。色々なキーワードを使って順位を上げる、「グーグル八分」にあった人の裁判などです。で、これらを見て思ったのは、グーグルはコンピュータが勝手につけたということ、そして自らが圧倒的な力を持つことで検索順位、すなわち広告の位置を金で買えない形にすることで見かけ上の中立性を保っているのではないか、ということです。

現在のマスコミの問題点として、広告メディアとしての優先度が高くなりすぎてその出してくる情報そのものの信頼性が揺らいでいることが挙げられます。報道機関としてみずからコンテンツを作っていますが、広告主に遠慮した中身になってしまっています。Googleも同様の危険性があるのですが、スポンサーリンクとして分けること、自らが圧倒的な力を持つことで他からの干渉を受けにくくし、その上で客同士の競争を担保し、検索結果へ信頼を持たせる、という方針があるのではないか、という気もしています(上場はそのための資金かせぎ、とも思えますね)。

この「中立性」に関しては、「google八分」があったり、中国での活動で政府に協力するなど揺らいでいる部分もありますが、広告代理店が無い分自らの方針を展開しやすくなっているのではないでしょうか。

今後も同様に検索というインターフェースを押さえ続けることが出来るのか、それとも他から何か別のアプローチによる逆転があるのか、インターネットが普及期に入って普通の存在になっている今、改めて問われているような気がします。


2007 01 21 [経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.01.14

今週のニュース(1/7~1/13)

今週も気になったニュースを取り上げて行きます。

1.日本のタンカー、ホルムズ海峡で米原潜と接触事故

 ホルムズ海峡を通過中の日本のタンカー「最上川」が底部を何者かと接触し、一部破損しました。潜行中の米原潜「ニューポート・ニューズ」との接触であることが判明、現在ドック入りして修理を行っています。詳細な原因はまだ不明ですが、潜水艦のミスである可能性は高いといえるでしょう。なにせ、潜行中の潜水艦はタンカーからは見えませんから。

 場所は狭くかつ浅い場所ということで、潜水艦にとっては動きにくい場所であることは間違いありません。逆に、探知を避けるためにタンカーにまぎれて海峡を通過しようとしていたのでは、といわれています。

ただ、TVの解説でも言っていましたが冷戦時代では潜水艦はもし当ててもそのまま逃げてしまって所在が明らかになるような発表はしないものでしたが、今回はいち早く公表にいたりました。まあ、戦略原潜(まだあるのかな・・)でもないし、いまさらアメリカの原潜を攻撃するような度胸のある(能力も含めて)国は無いというのもあると思います。

冷戦時代の状況を知っている人も減りつつありますが、潜水艦はそういうもの、というある種の常識については知っておく必要があるように思えます。

2.アップル、携帯電話に参入
 アメリカのアップル(社名をアップルコンピュータから変更)は、携帯電話端末への参入を発表しました。前面タッチパネルでOS Xが走るというほとんど小型コンピュータのような仕様です。これを見て思い出すのが”Newton”ですね。かつてAppleがだしていたPDAです。これはJobsがいなかった時代の企画ではありますが、コミュニケーションを補助する、というツールとしては似ているとしか思えません。

日本の各種ケータイも似たような機能を持っている状況がありますが、iPhoneとMacとの連携がどこまで気持ちよく出来るかがポイントとなるでしょう(iPodと同様)。日本ではキャリアからしか端末が出ていない現状、持ってくるのは難しいでしょうが、魅力的な通話プランと合わせれば、ビジネス、パーソナルともに、ポータブル端末としてのスタンダードとなる可能性を秘めているのかもしれません。

(Windows Moblileもありますが、連携はねぇ・・)

3.未来のリビングはロボットが?
 東大が研究しているロボットがいるリビングが公開されました。現段階では、動いて相手をするロボットはまだまだおかざり程度ですが、人のいう事を理解するシステム、というのはこれから有望な要素だと思えます。というのも、家電が今後より一層インテリジェント化されていくことが想定されると、それを束ねる「ホームサーバ」というシステムが重要になってくる可能性があり、このインターフェースとして現状のPCと同様の部分と、単に適当な事を言うだけで具体的な機器の操作に「翻訳する」システムが必要になってくると思われるからです。

例えば、「今から帰るから部屋を暖めておいて」と伝えるだけで、位置情報、帰宅予想時間、季節による適温などを割り出し設定しておく。これを今は「何時に何度にする」というコマンドを直接人間が操作する形ですが、そこまで詳細にしておかなくても良い。また、更には冷蔵庫の設定、内部の管理なども出来てくる可能性があるのです。

セキュリティの問題(このような「色々出来る」システムがハッキングされると大変)はありますが、各家電が相互につながり情報を伝え合うことで、省エネや安全にもつながります(人がいないのにレンジが付いているのは異常だから消火する、とかね)。ただ、C言語でプログラムしないと出来ない、というのと、「常識」を心得ていてある程度はオートでもできる、というレベルに持っていけるかどうかで「家電」と言えるレベルへの到達度を測ることが出来ると思います。


2007 01 14 [ニュース] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.01.07

今週のニュース(12/31~1/6)

あけましておめでとうございます。今年もゆっくりと記事を更新していきたいと思っています。

1.06年の出生数増加に
 厚労省の推計によれば、06年の出生数は前年に対しプラスになりました(元データはこちら)。出生数が106万人から108万になり、2万人強増えた形になります。私事ですが、我が家も昨年娘が加わりましたのでこの中にはいっております。少子化、と騒いでいたことが多少効果があったのか、景気回復の結果なのかはなんともいえませんが、子育て自体はやはり楽しいものがあります。
 純粋に経済だけで考えた場合、子育てという行為はコスト以外の何者でもないのですが、社会が自然人の集合体であるという事実を忘れないようにしないといけない、という警告なのかな、という見方もできるように思いました。


2.高速道債務返済に国費投入か
 民営化された高速道路会社は上下分離方式とし、債務を持つ会社と使用して使用料を払う会社に分かれています。この債務(と資産)を持つ会社の債務を道路特定財源から払っていくことが国交省、財務省の間で合意に達した、という報道です。借金が早くなくなれば料金の低下につながる、という論理だそうですが、やはりこれは税金の使い方とすれば問題があるように思えます。
 むしろ、なぜこういう使い方を思いついたか。道路特定財源とその分配に伴うエコシステムが強固であるという証明なのかもしれません。ただ、民営化する、知恵を絞ってコストを減らす、という形に社会を持っていく、という事が構造改革である以上、誤ったメッセージになるように思えます(で、この報道自体がアドバルーンかもしれないのですよね)。

3.三井住友FG、配当を業績連動にすることを検討
 なにか当たり前、という気もしますが金融機関は公的資金の投入を受けていたこともあり、配当性向は安定性重視で低めでした。しかし、好景気による引当金の利益転換を受けて今後は配当性向を高めていく方向のようです。いわゆる団塊世代の大量退職に伴い、資産運用に関しては資金の流入がありうると考えて良いでしょう。その中で、配当性向を高めることで株主に対する魅力を高め、市場価値を上げていくという作戦であるように思えます。一時期の低迷する株価からするとまさに様変わりです。ただ、より変動幅も大きくなることが予想されますので、その中でのリスクヘッジもまた重要になるかと思われます。



2007 01 07 [ニュース] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック