« 石を投げつける相手を探して | トップページ | 今週のニュース(6/3~6/9) »

2007.05.13

メディアは信頼するものではない

日曜日、日テレニュース24をつけっぱなしにして流しているうちに、YouTubeの話が出てきました。イラク駐留軍が投稿した宣伝映像や、ブレア英首相から寄せられたメッセージ、さらには米大統領選に使われるなど使い方が多様化している、というものです。また、例によって負の側面として違法動画が多数あること、タイの国王侮辱映像事件などもあり「信頼されるメディアになるには・・」云々としてニュースは締めくくられていました。ただ、このニュース、何か間違っているように思えます。それは、YouTubeを「信頼」している人っているのだろうか、ということです。

YouTubeは、媒体という点では「メディア」ですが、YouTubeが何か編集して提供しているわけではありません。単に場所を提供しているだけです。当然、内部は玉石混交の有象無象になるわけですが、編集というフィルターがかからないことがこの場合、魅力になるわけですね(自分の言いたいことをそのまま載せられる)。

これは、文字で伝えているこのBlogのような場合も同様なわけです。

さらに、私個人の考え方ですが、「信じる」という言葉では3つの段階があるように思っています。「信用」(信じて用いる)、「信頼」(信じて頼る)、「信仰」(信じて拝む)、ですね。順に主体性を預けていく形かな、と感じています。そこで、「信頼」ですが、メディアというものは「信用」はしても「信頼」するものではないのでは、と感じてしまいました。

新聞、テレビなどのレガシーなマスメディアにしてもそうですが、そこにある情報は一応「信用」はしても良いかな、とは思っています。もちろん、間違いもしょっちゅうありますし、バイアスもあります。それでも、動向を意識すれば「使える」ので、「信用」はしてよいのでは、(総体で、ですよ。個々には信用すらできないのも多くあります)と思っています。

しかし、信頼となるとこれは自己の意識を預けてしまうわけですね。編集というフィルターを任せる分、「信頼」という言葉を使いたいのでしょうが、少なくともWeb2.0といわれるような状況では、信頼うんぬんということは出てこないと思います。

チャンネルが少ない、紙幅が限られているという状況では編集というのは重要ですし、きちんと情報と伝える技術としても軽視できないものであるのですが、単なる場所を指して信頼云々というのは見方が狂っていると思わざるを得ないと感じています。

さらに、この状況が進めばニュースの切り売りが始まりますのでますます編集をあてにする「信頼」ではなく、個々の記事を読み比べて判断する「信用」の方に比重が移っていくのではないでしょうか。


2007 05 13 [メディア] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: メディアは信頼するものではない:

» 高額な商品(情報商材など)を売るには? from ネットで稼いで楽しませんか?~あなた働きすぎですよ~
高額な商品(情報商材など)を売るには? アフィリエイトで稼ぐ武道家まっきーです。 ネット上でも、リアルでも同じですが、 あなたが高額な商品を売ろうとするとき、 魅力的なライティングの他にもう一つ重要な要素が必要です。 それは、ブランド力。 要するに信用・信頼ですね。 以前も書きましたが、人は見ず知らずの人から 購入...... 続きを読む

受信: Oct 18, 2007, 1:21:51 AM

コメント