« December 2007 | トップページ | May 2008 »

2008.04.29

工人舎SH6メモリ2G化

先日購入した工人舎のミニノートSH6(XPモデル)ですが、メモリは512Mと必要最小限です。特にひっかかりはないのですが、少しでもパフォーマンスの改善になれば、と思いメモリを2Gに換装することにしました。

メーカーの公称は最大メモリ1Gなのですが、ネットではバッファローの2Gメモリを認識した、という話が多くあります。また、他メーカーも認識したという話もちらほらありましたので、とりあえず安いのでいいや、ということで上海問屋からメーカー指定なしで2GのDDR2-SO-DIMM(667MHz)を買いました。で、来たのがtranscendのモジュール。早速取り付けました。(3999円)

で、結果からいえば難なく認識に成功し、無事動いています。軌道時間も電源ONから無線LAN接続まで2分35秒が1分56秒と短くなりました。

その他特に問題は生じていません。とりあえずうまく行ったと思っています。

(お約束ですが、本行為は自己責任で行ってください。うまくいく保証はどこにもありませんので)。


2008 04 29 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.04.27

工人舎のミニノート導入

携帯情報端末というのは昔から色々と試行錯誤がされています。必要最小限に絞り込んだものが多くあり、テキスト入力に徹する(モバイルギアなど)、スケジュール管理などを重視(いわゆるPDA、Palmなど)、さらにはPCに近づけるもの(WindowsCE機など)がありますが、やはり機能を制限される関係上、機能強化が進むケータイに勝てず次々となくなっていきました。その中で、PCを小型化していく、というアプローチのみがケータイへの対抗として競争力を保っているように思えます。

そして、Windows機として最小といわれたリブレット以来、色々と作られてきましたが、今回工人舎からA5サイズのミニノートが昨年より出ており、今回私も購入しました。機種はSH6KX04A、とSHシリーズで最近導入されたWindowsXPを入れた機種です。当初このタイプはVista搭載でしたがネットでの評判を見る限り「もっさり」という表現が多く見られました。しかし、XP搭載のこの機種、実際に使ってみると思ったより軽快です。

CPUが600MHz駆動のA100、メモリも512Mということで、パワーはほとんど期待していなかったのです、実際使ってみると起動もまずまず(1~2分)、ネット接続も順調と予想以上です。

また、キーボードもなんとかタッチタイプが可能な大きさとタッチ感を持っています。以前オアシスポケットを使った経験もありますがこれに近い感じですね。長文入力があまりストレスを感じなく行えるため、たとえば移動中の報告書作成などのビジネス用途を考えてもほぼ合格点をつけられます。

ディスプレイに関しては、大きさとしては下限ぎりぎりです。私は比較的目は良いほうなので助かっていますが、欲を言えば額縁を狭くして8~9インチを搭載して欲しいところです(コストを考えると難しいでしょうが)。

これが今79800(オフィスなし)で買えた、というのは能力とコストのバランスを考えれば結構良い線ではなかったかな、と思っています。

(SH8シリーズがつい最近まで79800で売っていたけど買い損ねたのがちと悔しいけど)

2008 04 27 [パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.04.16

パンデミックへの恐怖と対策

今日、電車の中でNHKラジオを聴いていたところ、鳥インフルエンザがヒト対応型になった際のパンデミックの怖れについて特集番組をやっていました。国立感染症研究所の研究員が出演し、内容を解説する、というものです。

以前からこの問題は興味をもっていましたが、いよいよ対策を本格化し、かつ個人でも備えをするべき時が来たように感じています。

さて、新型インフルエンザがなぜここまで恐れられるのか。それは、現在わかっているH5N1型の鳥インフルエンザが高毒性であり、いったん広がった場合社会を文字通り破壊してしまうだけのパワーがあると推測されているからです。感染率30%、そのうち致死率20%とすると、単純に6%の死者がでる、ということは日本の人口から見て600万人以上の死者が出ることになります。さらに、スペイン風邪の際のデータで、サイトカインショックにより比較的若者の死者が多いというデータがありますので、もし100万人単位で子供~20才台の若者の死者が出た場合、その後数十年にわたって社会に相当な影響を与えることになります(第二次大戦の時の人口減少よりも、今の方がダメージは大きいのではないでしょうか)。

また、パンデミックとなった場合2ヶ月間、感染を防ぐまたは広げないために家に閉じこもることが要請される可能性があるとも言及されています。電力、水道といったライフラインの供給があるという前提でも、一般的な食糧生産と物流が停まった場合を考えると経済活動がほとんど止まる、ということになってしまいます。

対策として、プレパンデミックワクチン(事前に推定されるワクチン)の接種を広げておくことで重症化を防ぎ、死者の増加、各家庭での被害の拡大を防ぐことが挙げられています。ただ、現在まだ2000万人分しかないためどう配布するか、どこまで備蓄しておくのか、ということが問題になって来ます。

しかし、ここまで大きな問題にも関わらず今のところ国家戦略としてどうする、という話が出てきていません。省レベルというか、わかっている人たちだけで騒いでいるという感じです。しかし、もし発生した場合は大地震どころではない人的・経済的被害が起きてしまうことが予想されるため、相当優先度を上げて用意しておく必要があると思われます。

さらに問題なのは、現代のように全世界的に人の往来が多い社会では、対策が遅れた国が世界に対し足を引っ張ることにもなりかねません。

ワクチンは1人あたり600円、全国民分用意しても800億円あれば出来ます。予算規模としてみれば決して大きい額ではありません。それこそ地域の国会議員に対してメールを送り、対策を呼びかけるくらいのことがあっても良いと思っています。

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/interview/90/

このインタビュー記事が問題点をわかりやすく取り上げていると思われます。


2008 04 16 [防災情報] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック