« July 2008 | トップページ | October 2009 »

2009.04.26

新型インフルエンザに関する注意と警戒

メキシコでH1N1型の新型豚インフルエンザによる死者が出た、との報道が出ています。現時点でこのウィルスがどの程度の危険性(感染力、毒性など)があるかはまだわかりませんが、昨年からずっと言われていたパンデミックの可能性がまだあがった、と見るべきでしょう。

となると、個人の生活で出来ることはすべきということになります。

まずは、感染地域へは近寄らない、というのが基本となります。これも、メキシコ、と考えるべきなのか、北米・中南米とまで拡大して考えるかは難しいところです。

続いて、身近にこのエリアへ行った「汚染可能性のある人」がいるかどうかですね。これもその人の行動パターンによるのですが、企業などではSAASと同様の処置がとられるでしょう。ただ、市民生活というレベルでは、「満員電車」というある意味避け得ない問題が存在します(地方在住者のように、自家用車通勤などでは可能性のあるのは会社、学校などに絞られるため、比較的処置がしやすいのですが・・)

ということで、現段階ではまだ経済的な影響は小さいと思いますが場合によっては篭城を覚悟しておく必要が出てきている状況であることは承知しておくべきでしょう。

2009 04 26 [報道] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック