« 総消費が増えないと意味がない | トップページ | 金融が主役ではシステミックリスクは防げない »

2009.11.23

事業仕分は面白いけど

民主党政権になっての作業のある意味目玉である過去の事業の見直しが事業仕分という形で始まりました。人民裁判というか、無駄といわれている作業をばっさりと短時間で切っていくというのはTV的には絵になるものでした。ただ、今回に関してはやはり「どうしてその事業が仕分ショーの対象になったのか」が分からないのが最大の問題といえるでしょう。


政権交代が起きましたので、当然行政目標も変わりますので予算編成にあたって過去の採用結果がある程度ゼロベースで見直されるというのはやむを得ないし、予算要求側もプレゼンをゼロからしなおさなければならないというのも理解できます(やる方は大変なのもわかりますけどね)。今回の場合、財務省側はクライアントの事務局、という扱いで見ればビジネス的には分かりやすい構図になります。

で、民主党幹部が何度も言っている「22年度予算」。ここは自分たちが本当ゼロから作れる予算なのですが、どこから企画が上がって、どこで審査をして最終決定をするのか。今の流れの雰囲気では、党内議論がまともにできるのか不安を感じています。政府としては国家戦略局を作って(法的に認められる組織として形成し)、ここで基本戦略を作ってこれにあう方策を立てていくのでしょうが、それでは議員というのはなんなのか。特に政府に入っていない議員は各部会でまともな議論ができるのか(ノーと言えるのか)。なんとなく共産党的な科学的民主主義といわれる部分を想定してしまうのです。

過去、経済活動における社会主義はことごとく破綻しました。これは、現実の市場であり、国家社会は人が計画を立てて扱えるような代物ではないこと、モラルハザードを防止できなかったことなど人間の限界を露呈したものと理解しています。であるのに、国家という計画システムを全面に押し出すような流れを感じるというのは危険な兆候かもしれません。

族議員が跳梁跋扈するのもどうかと思いますが、企画段階では自由な議論ができる、そしてある程度これが表に出てくるようでないと崩壊してしまう可能性もあるように感じています。

(先日、近所の道の駅で地元の農家と思われる方々が「次は自民党に入れる」ということを言われているのを耳にはさみました。参院選はもめるかもしれません)。

2009 11 23 [経済・政治・国際] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分は面白いけど:

コメント