« 金融が主役ではシステミックリスクは防げない | トップページ | パーソナルコンピュータの行く末は »

2009.11.30

実物を見て買う意味

ちきりんさんの昨日の日記、JTBが支店を整理することはいよいよネットが消費行動の本流となったことを意味し、これは街の風景を変えることにつながる、というものでした。

考えてみれば、旅行商品はネットとなじみやすく(店頭でだってカタログ販売だし)、JTB自体も当初有料とは言え10年以上前からネット販売もやっていたわけです(私も会員で、何度か利用しました)。ただ、その後旅の窓口(今の楽天トラベル)やら、一休やらがメジャーになるにつれ、ネットでの購入経験者がどんどん増えていったのは事実です。特に旅行経験者が増えるほど、チケット手配程度では代理店の意味がなくなってきたというのが実情でしょう。


で、これが従来の実物志向の商品にまでつながるかどうか。ひとつはファッションですね。先日、ユニクロの20周年記念での早朝からのバーゲンで行列が出た、という話がありましたが、実はユニクロのネットショップでも数量限定品はともかく期間限定値下げ品については同価格で売っていました。近所のユニクロの前を通ると大渋滞を起こしていましたが、ものが分かっていればネットでも十分買えるのですね。

それから食料品。これも実のところリピート商材であればネットスーパーで十分(生協の宅配は通販ですからネットだろうがカタログだろうが同じ)、お歳暮等の贈り物にしても、内覧会といいつつこれもカタログ販売ですのでネットとなじみやすいわけです。

で、実店舗の意味はなにか。先のお歳暮売り場で疑問に思うのは、なぜ伝票は手書きなのか、ということです。もちろん、キーボードになじまない人もいるでしょうが、いまどきの高齢者だってケータイメールくらいはする人は結構います。となると、PCを並べて入力して貰った方が早くて便利、間違いもないということになるように思えます。

会員カードを作らせるのならば、これと過去のお届け先名簿をリンク(百貨店のWebショップではこれは普通)、そして実物見本を確認しながら、ということも利便性を上げるサービスだと思うのですよね(10軒に届けるのに10枚も伝票を書かせるなんてねぇ・・)

店頭に店員がいて、という意味を考えるとそこにある実物を見るのと同時にカタログのガイドをする(このカタログは本でもいいし、電子化したものでもよい)、ということだと思うのです。商店という形で生き残るのならば、カタログショップでもいいから提案力を磨いていくということしかないのかな、とも思っています。

2009 11 30 [経済・政治・国際] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 実物を見て買う意味:

» 年末年始の国内格安航空券、格安ツアー from 国内格安航空券【T
年末年始の国内格安航空券、格安ツアー 航空会社の割引のない連休や年末年始も格安で購入できます。JAL・ANAのチケットレス航空券なら前日、当日のご予約、空港での受取りもできます。 続きを読む

受信: Dec 1, 2009, 9:57:25 AM

コメント