« アイサイトの改良型は完全停止OK | トップページ | スバルの本気と安全性 »

2010.04.23

無線ルータWR8700N導入

以前から家庭内のネットには無線ルータを導入しており使用しておりましたが、4年程度使っていたIOのルータが不安定になった来ており、アクトビラなどを使用する際も良く落ちてきていたので更新を検討していました。しばらく無線ルータについては情報を持っていなかったのですが、調べてみるとIEEE801.11nという新規格がでてきていました。また、有線もギガビットにして高速化したい、ということもあって最近の機種ではNECが良い、ということで調べていました。トータルで見て、NECの新型ルータのWR8700が評判が良いと聞き、この機種にしました。今はまだADSLで11M程度ですが、将来の光化を見据えてもこのくらいの性能があった方が良い、と判断しました。


さて、実際に使用した感覚です。無線設定はらくらく設定をつかって一発でつながりました。細かい設定はあとからマニュアルをみながら適宜設定します。スピードも2.4GHzのバンドで60Mbpsが出ており十分早いです。以前のルータであった不安定さがなくなり安定して接続しています。

有線側も、古いルータではアクトビラの接続がときどき落ちていましたが、こちらのルータでは安定してつながっていました。

ひとつちょっとした問題があり、Windows Home Server(Acer H340)を入れているのですが、このOSにある外部へのネット公開のポートがエラーを出しています。ポート設定を見ても問題なく、UPnPもつながっています。良く調べてみると、実際にはつながっているのですがLANの内側から外を通って自分に接続できない、ということが原因でした。したがって、このエラーは無視する、ということで設定をすることでうまくいっています。外部から接続してもきちんと接続できました。

ということで、このルータにある簡易NASは使用予定はありません。また無線も5Ghz帯はまだ使っていないのである意味オーバースペックです。ただ、将来的な面と安定性を考えて、この機種を選んで良かったと思っています。

2010 04 23 [パソコン・インターネット] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22944/48161369

この記事へのトラックバック一覧です: 無線ルータWR8700N導入:

コメント

コメントを書く